DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【伐折羅・参拾参~春秋に富む~のまとめ】最初で最後のユニオンMAX前哨戦はリュウイチが関根をP★5葬! それでも中津は「俺の方がベルトへの思いは強い!」/イサミはグンソ&谷嵜の進撃を止められず…/大逆転プロレス裁判の事前準備はベストとパリピの乱入でカオスな状況に

19日、東京・新木場1stRINGにて「伐折羅・参拾参~春秋に富む~」がおこなわれた。前説では竜剛馬がリングに上がり、追加日程として7・29大阪・大正沖縄会館が発表された(「大阪ビアガーデンプロレス2017」内にておこなわれる)。またイサミも登場し、シングルリーグ戦『頂天~itadaki~』の開催がアナウンスされた。第一回はイサミのポケットマネーから捻出された優勝賞金50万円は「去年の我々の努力が認められ、今年は会社から出ます。完全に取り返すチャンスが来た」(イサミ)とのこと。5・4豊中で開幕し、優勝決定戦は7・5新宿FACEでおこなわれる。イサミの「BASARA宴、カンパーイ!」という音頭でスタート。

第1試合はベストストレッチマンV3&ツトム・オースギvs吉野達彦&阿部史典のタッグマッチ。吉野だけでなく阿部もパリピ化。ベストは「阿部和尚」を「怪人生臭坊主」、「達彦先輩」を「怪人パーリーピーポー」と見破ったが、反対に「ばれてしまっちゃあしょうがない」と奇襲されて試合スタート。オースギが吉野の「チ●コのストレッチが見てえんだよ!」というどうしようもない願望により、急所を徹底的に攻撃されてしまう。和尚のお水タイムなる技を浴びたオースギだったが、なんとか自爆を誘ってベストと交替。ベストは各種ストレッチで足を伸ばし、各種トリガーポイントを突いて攻める。怪人は「本当はパリピではない」(吉野)「本当はキリスト教なんです」(阿部)と平謝りするも、これはフリ。あっさり手の平を返されて攻め込まれてしまったベスト。オースギが盛り返すもベストは「腰が動かない!」。しかし、腰のストレッチで回復し、ベストストレッチパワーが満タンになると、阿部にトリガーポイントを突いてからのベストストレッチバスターで勝利した。試合後、ベストは「妖怪生臭坊主は粉々になった! パーリーピーポー覚悟しろ!」と吉野に向かっていくも、吉野も抵抗。2人でもみ合いながらバックステージへ。

第2試合は竜剛馬vs丸山敦のシングルマッチ。マイクを取った2人は「事前準備」と試合タイトルを付けられたことに不安を覚え、この試合を決めたイサミを呼び込む。イサミは「準備をしなさい!」の一点張り。竜は「やる材料がない!」と言い返す。イサミは「プロレスラーなら言い訳は聞きたくない」と言って闘わそうとする。最終的に着地点が見いだせず、竜はイサミを追い返してしまう。自分たちで何とかしない事態となったため、丸山は「勝ったほうが4月29日の後楽園ホールの裁判で有利になるなら俺たち頑張れる」と条件を持ち出して闘うことに。ここでゴングが鳴らされると場外から揉み合いながらベストと吉野が現れるも、再びバックステージへ。竜と丸山は場外戦を経て再びリングへ。竜はランニングエルボーで立て直すと六法全書を持ち出してそこの上へのブレーンバスターを成功させたが、自身の頭部にも六法全書が直撃してダブルダウン。すると花道からベストと吉野が揉み合いながら現れる。2人はそのままリングへと雪崩れ込んでしまう。竜が丸山にランニング・ネックブリーカー。このカバーは揉みあったべストと吉野に岡田レフェリーが巻き込まれて阻止されてしまう。その隙に丸山が竜を逆さ吊りに。丸山は岡田レフェリーをぶつけようとするも切り返されて竜と接触してダウン。その弾みで竜が丸山の上に倒れ込んで3カウント。試合後、丸山がマイクを取って「これで裁判が有利になったと思うなよ」。竜は「どんな状況下でも俺が逆転してみせる。それが大逆転プロレス裁判だ!」と言い返した。

【試合後のコメント】
竜 本日、大逆転プロレス裁判、後楽園大会に向けて事前準備と銘打たれていましたが、一切準備は出来ませんでした。裁判の行く末、有利に立ったのか不利になったのかも五里霧中です。しかしね、事前にどんな準備が出来ようと出来まいと、法廷に立てば戦うのが弁護士です。丸山検事が何を言ってくるか。それから今回の被告人がベストストレッチマンですか。ちょっとね、人前に出したいい子じゃない気がするんだけど、後楽園ホールという大観衆の前で、彼のいいところを出来る限り……何というかもう有罪はしょうがないのかもしれないです。正直言って彼に関しては。この数ヶ月間、逆転プロレス裁判は連戦連勝でした。被告人をことごとく無罪にしてきました。今回ばかりはちょっと被告人の無罪を信じられない自分もいます。しかしながらね、ベストストレッチマンにはいいところもあるんだよ。彼、性根から悪い子じゃないんだよ。もしくは彼が悪いとしたら、それは社会みんなで責任を負っていこうと、そういうことを後楽園ホールでは訴えていこうというように思っています。
――ベストストレッチマンV3は正義の味方を名乗っているんですけど、それでも有罪は堅い?
竜 ちょっと正義とか悪とか、そんな簡単に決めていいことじゃないと思うんですよ。世の中に完全な正義もないし、悪もないし。そういう中で彼が自分のことを正義だと思い込むなら、それはそれでちょっとそっとしてあげたいなと思います。
――罪状は?
竜 これがまだ起訴状が届いてないんで分からないのでコメントは差し控えますが、まあ何をやっていてもおかしくはないなと思っています。

オースギ 今日もベストストレッチマンV3のお陰で、新木場の平和が無事守られました。ありがとうございました!(深々と礼)
BSMV3 うむ! 新木場大会にお越しの皆様、今日はありがとうございました! 見事怪人……何と申したか? 生臭坊主ですね! 怪人生臭坊主は見事粉々に爆発させることに成功しました! しかーし! 我が輩、不覚! ベストストレッチマン、ピーンチであります!
オースギ え、何でですか?
BSMV3 何と怪人パーリーピーポーを逃がしてしまった!
オースギ えっ!
BSMV3 そればかりでなく、我が輩の分身である風戸大智の肉体が粉々に爆発してしまうところでした! 怪人パーリーピーポー、その姿に似合わぬ恐ろしい力を秘めておりますぞ。
オースギ ど、どうするんですか?
BSMV3 むー……今日はベストストレッチボンブーという新技で……。
オースギ ちょっと待ってください! ベストストレッチ何ですか?
BSMV3 ベストストレッチボンブーである。
オースギ ボンブーとは何ですか?
BSMV3 ボンブー…えっ? イギリスの言葉でBOMBという言葉があるであろう。あれはボンブーというのではないのか?
オースギ BOMBは私が習った英語ではボムと読んでいます。最後のBは発音しない……。
BSMV3 ボム!? あぁ、ヌハハハ! ヌハハハハ! そういうことであります。
オースギ わざと間違えられた?
BSMV3 まあなかなか人間の言葉はよく分からないところがありますからな!
オースギ ハハハ……じゃあベストストレッチボムですか。
BSMV3 ボンブー。
オースギ あ、ボンブーなんですか?
BSMV3 そんな細かいことはどうでもいいのだ!
オースギ わ、分かりました。
BSMV3 そればかりでは怪人パーリーピーポーを倒せぬかもしれぬ。次回4月29日、後楽園ホール大会までに我が輩、さらに技に磨きを掛け、さらなる新技を皆さんの前に見せつけ、そして後楽園大会で怪人パーリーピーポーが粉々になるところを皆さんに見せつけたいと思うのであります! 応援をよろしくお願い致します(深々と礼)。
オースギ 最後、あのポーズをお願いします。
BSMV3 この世に伸ばせぬものなし! 我が輩こそ! ベストーッ! ストォレッチィマン、ヴィィスリァァァァァ!(オースギが無表情で拍手)ヌハ! ヌハ! ヌアハハハハハハハ!

第3試合はFUMA&久保佑允&新納刃vs塚本拓海&“黒天使”沼澤邪鬼&竹田誠志の6人タッグマッチ。BFJに久保が捕まってしまう。久保はなんとか沼澤と塚本の同士討ちを誘ってピンチを抜け出す。アイプリのトレイン攻撃から沼澤にヘヴィメタルミサイル(トリプル・ドロップキック)を発射。アイプリに捕獲されて頭部を集中攻撃された沼澤だったが、刃に燃やされそうになるも絶対に拒否してフィッシャーマンを決めて逆転。竹田が出てきて一気呵成に攻める。串刺しランニング・ニーはカウント2で返されるとすぐさま逆十字。刃は丸め込みで拒否し、スクリュー延髄斬り。FUMAが出てきてMetal FireからMetal Fire from Hellを狙う。これは拒否されるとHeavy Metal Swordから腕固め。竹田が抜け出してアンクルホールドを決めたまま自陣コーナーに引きずり込んで塚本とタッチ。BFJの連係がFUMAに決まる。久保がロープに振られたFUMAとタッチして塚本に合体攻撃。久保が塚本にクロスフェース。FUMAと刃がスコーピオン・デスメタルロックでアシスト。久保が塚本にペディグリーを決めてコーナーに登る。これを沼澤が阻止して塚本と裏摩周。塚本が久保にバックドロップ。カウント2で返されるとタイガーSH狙い。これを久保が返して丸め込んでフォール勝ち。

【試合後のコメント】
三人 イヤー!
FUMA どうだ、最後までメロイック・サインのメタルの力を信じきったKUBO-METALの勝利だ。今日の勝利は。どうだ思い知ったか、お前ら。メロイック・サインの力を。ねえKUBO-METAL。
久保 このチームの力をちゃんと発揮した上で勝つことが出来ました。

――今日かかつてサポートメンバーだった沼澤邪鬼選手と対戦という形でしたが。
FUMA あのハゲ頭野郎、裏切りやがってこの野郎。中途半端なハゲだからロブ・ハルフォードみたいに綺麗なスキンヘッドにしてやろうと思ったのによ、この野郎。ちょっと反抗しやがってこの野郎。次は必ずヘヴィメタルの再教育をしてやるからなこの野郎! ねえKUBO-METAL。
久保 でも次会うときは仲間かもしれないし。ただ向き合ったら対戦相手なんで、そこはもう禿げ散らかしてやりますよ!

――いよいよ後楽園ホール大会も近づいてきましたが。
FUMA 我々はねあのギンギンボーイズとやらと。あれもパーティーピーポーの一種じゃないっすか。
新納 おぉ、そうなのか。
FUMA メタルっていうのはね、陰湿なおたく野郎が多いんですよ! 俺とか円華さん…(苦笑)、HAGA-METALみたいに陰湿なおたく野郎が多いんだ! ああいうチャラい奴が大嫌いなんだ俺たちは!
新納 おお、そうか。
FUMA あのチャラいチャラい奴らをぶっ殺しますよ、HAGA-METALと!
新納 そうだぞオラ。
FUMA ハンマースマッシュでヘッドしてやるよ!
新納 ハンマーでスマッシュをヘッドしてやる?
FUMA そうだ。カンニバル・コープス聴け、この野郎!
新納 この野郎!
久保 11年、12年ぐらいやってきて(ディック東郷と)一緒に組んだり、向かい合ったりするっていうのはあったんですけど、1対1で向かい合うっていうのは今までなかったんで、特別な思いはあります。ただ、それは言わないです。師匠と弟子って関係は変わらないと思うので。でも1対1で、ちゃんとレスラー同士で闘って、その上で結果を。これまででたった一度の機会なんで! だから今日みたいに一瞬あればすべてをかっさらっていくつもりで。特別な思いはあるけど言いません。勝負なんで。以上。
新納 いいこと言った!
久保 ありがとう。
FUMA じゃあ後楽園ホールに向けて、ビシッと三人で締めようじゃないか。いつものやつをはじめからいこう!
三人 軟弱な心に棘と鎖を! KEEP ON ROCKIN’ Heavy Metal Anthem! We are IRON PRIEST!

セミファイナルは木高イサミ&SAGATvsグンソ&谷嵜なおきのタッグマッチ。イサミの入場は観客が『不死身のエレキマン』大合唱。BASARA軍が襲い掛かって試合スタート。場内に曲が流れるダブプロレス式のハードコア。北側ステージまで雪崩れ込む大乱闘。リングに戻ると4人が缶ビールや缶チューハイを手にカンパイ。しかし、ダブプロレス軍がすぐさまミストでBASARA軍を黙らせて、イサミには缶で殴打。コーナーにイスをはめ込むと谷嵜がイサミをそこへ振っていく。イサミは谷嵜を場外に出してトぺ・スイシーダ。SAGATvsグンソの局面。ロープに向かったSAGATを場外から谷嵜が足を引っ掻けて転ばせて再び場外戦。グンソはイサミにテーブルをぶつけ、イサミはイスをフルスイングする。グンソはイサミに花道へのスイングDDT。リング内では谷嵜がSAGATを踏みつける。グンソとともにコーナーのイスへと突っ込ませるもカウント2。グンソがトップロープ越えのギロチンドロップ。谷嵜が出てきて再びSAGATをコーナーにイスにぶつける。グンソがイスで脳天殴打。SAGATがこれを堪えて、グンソをイスごとショルダーアタックで吹っ飛ばす。イサミが出てきてダイビング・ボディーアタック。カバーをカットした谷嵜の突き上げニーをキャッチしてドラゴンスクリューからシャイニング・ウィザードで排除。グンソがイサミにビッグブーツ。イサミも串刺しフロント・ハイキックでやり返してイス盛りを作る。イサミはグンソをその上に雪崩式フランケンで叩きつけるがカウント2。イサミはイスへのブレーンバスターを仕掛ける。グンソが切り返して逆にイスへのブレーンバスター。グンソはラダーを手にすると谷嵜のアシストでコーナーに詰める。谷嵜がラダーを駆け上ってのカサノヴァ。さらにグンソと合体にダイビング・ニードロップ。これはSAGATがカット。谷嵜の人でなしドライバーはイサミがカウント2で返す。インプラント狙いはイサミがかわして互いにニーの打ち合い。イサミが勇脚をぶち込んでSAGATとタッチ。グンソが猛攻。粘るSAGATはグンソにバックフリップ。イサミがダイビング・ダブルニードロップを投下したが谷嵜がカット。イサミがラダーを設置してグンソにギガラダーを狙う。これは谷嵜がカットしてイス盛りを作るとラダーからイサミをブレーンバスターでぶん投げてダメージ。SAGATがその谷嵜にゴアグラウンド。SAGATはグンソの体の上にイスを重ねてラダーに登る。しかし、ダイビング・セントーンはかわされて自爆。前かがみのSAGATの延髄目がけてギロチンドロップを投下してフォール勝ち。

【試合後のコメント】
グンソ ダブプロレスのグンソ様がBASARAに三度登場! それで今日連れてきたのは、パリピって言ったらこいつだろ! 谷やんだよ、谷やん! アハハハハ!
谷嵜 見たかこの野郎、イサミ! やっとリング上で会えたやんけ。酒とプロレス、音楽、ダブスタイル、BASARAスタイル最高すぎるやんけ! ナンボでも俺が…ドラゴンゲート所属やけど、ダブ寄りの俺がいつでも乗り込んでやんぜこの野郎!
グンソ あとSAGAT、SAGATな! ぼちぼちな、ハードコアの御作法が分かってきたみたいだから、もうちょっと教育してやろうかなって感じだ。後楽園でもう1回だな! もう一回、きっちりカタにはめてやるよ。分かったらハイと言いなさい! 三遍回ってハイと言いなさいって感じだよ! ハハハハハハハハハ!
谷嵜 イサミは5月4日の豊中ローズ文化ホール、俺の地元、しっかり覚悟してやって来いよオイ!
グンソ 以上!

メインイベントはトランザム★リュウイチ&トランザム★ヒロシvs関根龍一&中津良太のタッグマッチ。リュウイチと中津は4・29後楽園のユニオンMAX戦の前哨戦。トランザムファミリーの握手に騎馬隊は拒否。関根が攻めると「ニッポン、チャチャチャ」コール、ヒロシが盛り返すと「USA」コールが起こる有様。リュウイチと中津が対峙。中津がリュウイチにドロップキックを決めて馬乗り。関根がリュウイチの尻を蹴って騎馬隊ポーズ。リュウイチが攻め込まれるとヒロシが『酒と泪と男と女』を熱唱してサミング。場内も『酒と泪と男と女』の大合唱。ヒロシとリュウイチはエプロンでのオールドスクール。しかし騎馬隊にあっさり反撃されてしまうと、南側ひな壇まで雪崩れ込んで大乱闘。中津がリュウイチをリングに戻すと背中へのローキック。関根が出てきて背面にエルボーを落とす。背中を攻められて苦しむリュウイチに「レッツゴー・リューイチ」のチャントが発生するも関根龍一が勘違いして反応。ローンバトルを強いられたリュウイチはダブルチョップで逆転。「USA」コールの中、替わったヒロシが一気呵成に攻める。ヒロシのダイビング・ダブルスレッジハンマーは中津が腹パンで迎撃。関根が36ハンマーからパーフェクトプレックスを出そうとすれば、ヒロシが拒否してレッツ・コンバイン。丸め込みで切り返す関根がカミカゼ狙い。ヒロシがかわしてリュウイチが出てくるとナックルパンチ連打。バイオニックエルボーを決めるとコーナーの中津にもナックルパンチ。さらにヒロシと合体バイオニックエルボー。これは中津がカット。中津はヒロシをミドルキックで蹴散らすと、リュウイチにもミドルキック。リュウイチは決して倒れず逆水平。中津もすぐさま起き上がってミドルキック。リュウイチが倒れ込むと中津はジャーマン。これはリュウイチが拒否してパーフェクトファイブ。中津が抜け出してドロップキック。関根が蘇生して中津のヒザの上にリュウイチをカミカゼで叩きつけるもサイドイッチPKはヒロシが分断。関根のミドルキックをハンマーパンチで叩き落したリュウイチはヒロシのビッグブーツのアシストから関根にレッグドロップ。最後はパーフェクトファイブで葬った。

試合後、中津がマイク。「トランザム★リュウイチ、やっぱり強いな。でも気になることがあって、アナタは河上さん? なんか大日本の河上さんがベルトを持って上がったらしいですけど、アー・ユー・カワカミ?」リュウイチ「ノー! アイム・ノット・カワカミ!」中津「河上でもトランザムでもどっちでもええ! 最初で最後の前哨戦、今日やってわかったのは、負けたけど俺のほうがそのベルトに対する思いが強い。わかったやろな」リュウイチ「アイ・ラブ・ディス・ベルト!」中津「ユニオンMAXのベルトBASARAに戻すからな! 日本に戻すからな!」中津は「ニッポン、チャチャチャ」コールを起こしながら退場。残されたトランザムファミリーはリュウイチが覚えた日本語の「カンパイ」で大会を締め括った。

【試合後のコメント】
中津 何か強いなアイツ。トランザム★リュウイチ強いな。
関根 そうだな。アゴがひん曲がったよ。だけどアイツはお前の…アイツのフィニッシュを俺にやったでしょ?
中津 え、何っすか?
関根 (高い声で)あのですね……(アゴを直して)よし! お前に見せたじゃん。フィニッシュ(のPerfect Fiveを)俺に。お前のフィニッシュをアイツは見たことがないじゃん。
中津 そうですね!
関根 だべ。何だか分からねぇから。もしかっすと当日に最高の練習してっから。騎馬隊練習。中野がピーピー泣いてるぐらいの練習を毎日してるから。アイツをデビューさせるのに。
中津 そうです!
関根 それを踏まえてこいつと揉んでいるから、もしかするともっと凄い秘策の必殺技が出るかもしれないし。
中津 中野はモルモットなんで俺らの。いじめているわけじゃないですよ! アイツを強くしてやろうと思って。そういうことですよ!
関根 そういうことだからな。
中津 だから今日、こっち側としてはデータはいっぱい取れたんです。
関根 そうだ。
中津 向こうはたぶん僕のデータ知らないと思うんです。
関根 何もねえと思うよ。(前哨戦は)最初で最後、1回しかやってない。こっちが有利じゃん。そういうことだな。
中津 前哨戦が全然なかったけど、逆によかったかもしれないです。
関根 そうだ。あっちは分からない状態だから。
中津 今日確信しましたよ。いけますね! いけますよ!
関根 (アゴを突き出しながら)いけますか? OK!
中津 アゴまた出てきた! あ、直った。関根さんもヒロシさん! トランザム★ヒロシ。
関根 ヒロシなんかな、もう100の手全部分かってんだよ! あっちだってたぶん分かってると思うんだよ。だからお互いホールでは手の読み合いだ。
中津 (手を上下させながら)手の読み合いだこの野郎!
関根 こっちかこっちかの手の読み合いだ。どっち向きかで。
中津 そう、どっち向きかで!
関根 俺は一番真っ直ぐな試合して、あいつとの手の読み合い制してやるよ。ってことでいくぞ!
中津 後楽園ホール、日本vsアメリカ、騎馬隊vsトランザム!
関根 ジャパンvsアメリカンな! ってことでいくぞ! せーの!
二人 騎・馬・隊!

ヒロシ オー、イエス! ウィーアーストロング! ウィ・ウォント・ディスマッチ。リュウイチ・イズ・パーフェクトファイブ! ソー・パーフェクト。パーフェクト・オブ・パーフェクト。イエス! ネクスト、コウラクエンホール?
リュウイチ イヤー。
ヒロシ ナカツ? アイドンノー。ナカツ・イズ・敵じゃない。リュウイチ・イズ・ベスト! イン・ザ・ワールド!
リュウイチ イエス。
ヒロシ リュウイチ・イズ・ベストレスラー。イン・ザ・ワールド!
リュウイチ オー、ドリンキング。ヘビードリンキング。
ヒロシ リュウイチ・イズ・ヘビードリンキング。
リュウイチ メニービアー、メニービアー。
ヒロシ メニービアー? ハハハハ。リュウイチ・イズ・ドランカー。バット……。
リュウイチ バット・ストロング! バット・ストリング……。
ヒロシ イエス。
リュウイチ アイム・ノット・カワカミリュウイチ。アイム・トランザム★リュウイチ。ベイビー。
ヒロシ アイドンノウカワカミ! アイ・ドント・ノウ・ヒム!
リュウイチ ノー! ノーウェイ!
ヒロシ フー・イズ・カワカミ!
リュウイチ ノーウェイ! ノー!
ヒロシ フー・イズ・カワカミ! ベースボールプレイヤー? カミオカ? 上岡龍太郎? ドンミスイット! ネクストタイム!

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、大量の写真をアップ! ぜひご覧ください!