DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【BOYZハロウィンスペシャル~女祭り16~のまとめ】今宵のテーマはハロウィンにちなんで選手がモンスターに仮装! スーパー樋口イケメン躍動も…ジャニー江田島塾長の金言に感銘! そしてきゃりーぱみゅぱみゅの『Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~』でダンス!

30日、東京・新宿FACEにて「BOYZハロウィンスペシャル~女祭り16~」がおこなわれた。まずはジャニー江田島塾長が挨拶。「ハッピーハロウィン、ハッピーBOYZ! 今日新宿FACEは我々BOYZによるお化け屋敷となりました。選手がモンスターとして登場します」と説明。入場時にどんなモンスターと化しているのかが判明する仕組み。

第1試合は坂口征夫&大石真翔&平田一喜vs勝俣瞬馬&ディエゴ&レッカの6人タッグマッチ。勝俣&ディエゴは囚人、レッカはキョンシー。対する坂口組はゾンビ。場外戦になるとゾンビに場内から悲鳴があがる。リングに戻されたレッカは坂口によってお札を貼られて動きが止まるも、坂口の蹴りの反動で体が一回転して逆に攻撃することに成功。囚人二人がキャンバスをバンバン叩いて自陣に戻す。替わった勝俣が一気呵成の攻め。ディエゴとの連係を坂口に決めていく。坂口はディエゴに噛みつき。大石が出てくるとディエゴがストマックブロック。キョンシーが出てくるとみんなで息を止める。キョンシーの髪に鼻が触れた大石がくしゃみ。キョンシーが大石にボディースラム。ディエゴが続くも大石が回避して坂口と平田がダブルのドロップキック。大石がディエゴを羽交い絞め。平田が噛みつくも大石に誤爆。坂口がディエゴを羽交い絞め。平田が噛みつくも坂口に誤爆。勝俣が坂口と平田をまとめてミサイルキック。孤立した平田にディエゴがデスバレードライバーを決めて勝負あり。

第2試合は石井慧介vs上野勇希のシングルマッチ。上野は“インスタピエロ”で石井はカオナシ。上野にお菓子をプレゼントするも拒否られたことに激怒。マントとカオナシのお面を外した石井の顔はカオナシのペイント。上野にフェースロックを決められた石井は「アー」しか言わず、イエスなのかノーなのかもわからない。石井は顔面フロントハイキック。アームホイップからローリングセントーン、さらにブレーンバスターと石井が攻勢。石井のリキラリアットをかわした上野がドロップキック。さらにダイビング・ボディーアタックを浴びせるもカウント2。石井のダブルニードロップを食らった上野だが、木曽レフェリーを石井にぶつけてダウンさせるとステッキを持ち出して石井を殴打。カオナシ関係なく「痛い!」と叫んだ石井が激怒。エルボーからジャンピングハイ。さらにステッキを奪って上野をぶん殴り、さらにフルスイング。木曽レフェリーを蘇生させた石井はスライディングニーアタックはカウント2。続く高角度ダブルアームDDTで3カウント。

第3試合は竹下幸之介vs島谷常寛のシングルマッチ。島谷は「これは楳図かずおです。ぐわし!…ウォーリーです」。対する竹下はドラキュラ。島谷はエルボーからドロップキック。牙の取れた竹下はアイアンクローでやり返し、邪魔なマントも外すともはやドラキュラなのかわからない。苦しい島谷は島谷ロケット発射。これが竹下の急所に入った模様。場外で苦しんだ竹下がリングインせんとするも島谷はサードロープを蹴飛ばして急所蹴り。怒った竹下と島谷で追いかけっこ。バックステージからロビーまで所狭しと駆け回り、島谷は客席に紛れるリアル「ウォーリーを探せ」。竹下はピンスポを操作して発見した時は場外カウント17。竹下はスライディングで滑り込んでセーフ。島谷の丸め込みをかいくぐった竹下がビッグブーツ。続くブルーサンダーはカウント2で返されるとダイビング・ボディープレスへ。島谷がかわして丸め込みからその場跳びシューティングスター。しかしカウント2止まり。バックを取られた竹下がバック急所蹴り。この足を掴んだ島谷が急所蹴り。チャンスと見た島谷がダイビング・ボディーアタックで飛ぶも、カバーを竹下が丸め込みで切り返してフォール勝ち。

休憩明け、BOYZのヘアメイク協力している総合美容商社GAMOの中根さん、さらにヘアメイクを担当した美容院ユーフォリアの方が紹介された。

セミファイナルは佐々木大輔&遠藤哲哉&パンプキンポーリーvs高梨将弘&MAO&渡瀬瑞基の6人タッグマッチ。高梨がハリーポッター、MAOと渡瀬は「パイレーツ・オブ・ブラックジャックによろしく」(渡瀬)。対するDAMNATIONはポーリーのメイク、衣装がパンプキン。高梨組が襲い掛かって開始のゴング。MAOと渡瀬がポーリーの両腕ラリアットでなぎ倒されるも、高梨の魔法のステッキで飛ばされてしまう。佐々木は「バカじゃねえのか?」と蹴散らしていった。遠藤も魔法のステッキで投げられそうになるも側転で着地しドロップキック。その後は高梨がローンバトルを強いられる。佐々木はホウキを手にするとそれでコーナーから飛んでラリアットを狙うが、これは高梨によって迎撃されてしまった。渡瀬と佐々木に合体攻撃を仕掛けるも、佐々木がMAOをコルバタで排除。渡瀬は佐々木にドロップキックを決めるも、ブレーンバスターは着地されてしまう。ロープに向かった渡瀬を遠藤が場外から足引き。佐々木が渡瀬にキークラッシャー。ポーリーが出てくると渡瀬は低空ドロップキックからレッグラリアット。高梨が魔法のステッキを使うもポーリーがかわして奪ってみせる。魔法は高梨がマントで封じてチンクラッシャー。MAOと渡瀬でツープラトンブレーンバスターを仕掛けたが逆に投げられてしまう。遠藤がMAOにスワンダイブエルボー。これは高梨がカット。MAOにDAMNATIONが総攻撃。ポーリーが遠藤に「伏せ」の指示。遠藤が「一回だけだぞ」と伏せるとポーリーがそれを踏み台にボディープレスを狙うがバランスを欠いて失敗。遠藤にトリプルドロップキックが決まるもMAOのみちドラⅠはリバースショルダーされてしまう。MAOが丸め込むもカウント2で返した遠藤がテツヤ・イン・ザ・スカイ。最後はシューティングスターを浴びせて勝利。

メインイベントはHARASHIMA&スーパー樋口イケメンvs高尾蒼馬&彰人のタッグマッチ。彰人と高尾のコンセプトは邪教徒。無言の高尾は仕上がりが自分の想定と違ったらしく不機嫌モード。HARASHIMAの殺人ピエロにはパッと見、HARASHIMAとわからないばかりか怖さが先行して悲鳴があがる。最後に入場したBOYZの最終兵器、スーパー樋口イケメンはエルヴィス・プレスリー。場内からの黄色い声援を浴びまくる。さらに受け答えはすべて英語。意気込みを聞かれて「え~と…レッツ・ゴー・ホットファイト」。HARASHIMAは彰人に二度もツーショルダーを外されて下着姿があらわに。樋口の一挙手一投足に黄色い歓声。しかし樋口は彰人、高尾のロープでのチョーク攻撃に捕まってしまう。さらに彰人に杖を口に突っ込まれてしまうなど完全に劣勢。樋口は彰人へのフライング・ラリアットでようやくピンチを脱出。替わったHARASHIMAは邪教徒まとめてドロップキック。彰人への雪崩式ブレーンバスターはカウント2。彰人はドラゴンスクリューから俵返しで高尾とタッチ。高尾はHARASHIMAの背中にダイビング・フットスタンプ。しかしカウント2止まり。HARASHIMAは水面蹴りから低空延髄斬りで樋口とスイッチ。樋口はスワンダイブのショルダーアタック。DDTからカバーするもカウント2。さらに側転エルボーからフェースクラッシャー、HARASHIMAのスワンダイブ・ボディープレスのアシストからカバーするもカウント2。樋口はロックボトムからピープルズエルボーを狙うも場外の彰人に足引きされてしまうと、彰人と高尾のダブルのトラースキックでダウン。このカバーをカットしたHARASHIMAに彰人が足横須賀。邪教徒2人のナックルパンチに怒った樋口が両腕ラリアット。コスチュームを脱いでボディースラムからダイビング・ボディープレス。しかしこれをかわした高尾がマヒストラルを鮮やかに決めて勝負あり。

試合後、江田島塾長が締めようとすると樋口が号泣。樋口「自分はイケメンじゃないんですか?」江田島「バカヤロー! オマエは自分の思っている1.5倍ブサイクだけどイケメンは見てくれだけじゃない。イケてるメンズって意味だ。イケメンっていうのはな…!」すると樋口以外がきゃりーぱみゅぱみゅの『Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~』でダンス。樋口「これがイケメンなんですか?」江田島「みんなを楽しませるなら普段やらないことをやる! 自分が恥ずかしい格好もできる。オマエ、イケメンになりたいのか?」樋口「イケメンになりたいです!」今度は樋口も加わってダンス。樋口「俺、頑張ります!」江田島「オマエも頑張れば心の底からイケメンになれるよ」最後は「ハッピーハロウィン! ハッピーBOYZ!」で締め。

その後、TOTO BOYZ当選者にはBOYZたちが囲んで『Crazy Party Night~パンプキンの逆襲~』でダンス。さらにインスタ映え撮影会もおこなわれるなどお祭り騒ぎの中でお開きとなった。

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、全試合の詳報と、大量の写真をアップ!
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中! ぜひご覧ください。