DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【大阪リポート】白熱の「KING OF DDT 2015」トーナメント2回戦。ベスト4が出揃った!!/関本&岡林がKO-DタッグV4/いつどこ挑戦権保持者・大家が大阪にもやってきた! 王者・KUDOは「アイツは使う気がない」/11・28大阪府立体育会館第一競技場決定!! 高木「両国クラスのビッグマッチです。ワクワクするカードを用意したい」

14日、大阪府立体育会館第二競技場にて「KING OF DDT 2015 OSAKA」がおこなわれた。まずはキング・オブ・ダーク選手権タッグマッチから。第2代王者の宮武俊は梅田公太とのコンビで伊橋剛太&福田洋組と対戦。梅田が福田にドロップキックを決めるも、福田はサミングでやり返す。ダブルの攻撃は梅田が一人で分断して福田にミドルキック。宮武が出てくるとエルボードロップで続く。ボディースラムから梅田がフロント・ネックロックで続く。福田はショルダーアタックでやり返して伊橋とスイッチ。梅田が伊橋にドロップキックを決めると宮武もバックエルボーで追撃。ダブルのブレーンバスターで猛攻をかけるも福田がカット。伊橋もクロス・ボディーアタックを決めたがカウント2。ムーンサルト・プレスを回避した宮武が渾身のハートアタックを決めて勝利。伊橋がキング・オブ・ダーク王者に返り咲いた。亜門GMも嬉しそうにベルトを伊橋に差し出した。
20150614 (1)20150614 (2)20150614 (3)
亜門GMの前説では次回、次々回の大阪大会を7・12東成区民センター、9・13大阪府立体育会館第二競技場とアナウンス。オープニングコールにはMIKAMIと石川修司が登場。亜門GMはKO-Dタッグ選手権試合に関して挑戦者組からのラダー使用の要望をチャンピオンチームが認めたことを発表した。続いて両者が意気込み。MIKAMI「大阪のビッグマッチでタイトルマッチを組んでもらえたので、必ずこのコンビでKO-Dタッグを取り戻したいと思う」石川「大日本で関本&岡林とやっているんで、うまい具合につないで勝利を挙げたいと思います」最後はMIKAMIの「大阪大会、スタート!」で幕開け。
20150614 (4)
第1試合はHARASHIMA&彰人&ヤス・ウラノ&松永智充&赤井沙希vs高木三四郎&大鷲透&平田一喜&デヴィン・スパークス&リック・エリスの10人タッグマッチ。T2ひーの平田だけが個別入場。あの曲が流れて花道を通っている途中でT2ひーがHARASHIMA組を襲い掛かって開始のゴング。急いで駆け付けてリングインする平田だが集団で攻撃されてしまう。平田が「オマエら味方だろ!」と足踏みすると全員がキャンバスを跳ねるダチョウ倶楽部方式。平田が一方的に攻められる展開が続く。赤井が出てくると強気になる平田だったがジャンピング・ミドルからブレーンバスターで投げられてしまった。苦戦の平田がHARASHIMAをコルバタで投げて逆転。アーガントバスターズのトペ・スイシーダの競演やT2ひーによる合体ドロップキック、アーガントバスターズのDEATH FROM AVOBEで盛り返す。HARASHIMA組もカバーをことごとくカットに入って窮地を逃れると赤井が高木と大鷲にまとめてボディーアタック。向かってくる平田を赤井がハイキックで蹴散らすとキャンバスにサングラスが転がる。それを見た赤井が装着。あの曲が流れるも平田が背後から手刀で黙らせる。自身が装着するもHARASHIMAがジョン・ウーでフッ飛ばすとサングラスが転がる。場内の「ハラシマ」コールに押されてHARASHIMAがサングラスを装着。あの曲が流れるとバッタバッタとなぎ倒し、サングラスを取り返そうとする平田にハイキック一閃。バズソーキックからあの曲に合わせてステップを踏むと蒼魔刀をブチ込んで勝利した。試合後、記念撮影中に高梨が彰人を襲撃し、EXTREMEベルトを奪って去っていった。
20150614 (5)20150614 (6)20150614 (7)20150614 (8)20150614 (9)
第2試合はKUDOvs男色ディーノvs石井慧介vsアントーニオ本多の4WAYマッチ。大阪名物チョップ合戦からディーノがKUDOに男色殺法。ブレーンバスターからニードロップ、ナイトメアで攻勢に出る。アントンがナックルで襲い掛かるも、ディーノは股間へのナックルでやり返す。アントンがテーズプレスからエルボードロップ。このカバーを石井がカット。石井がコーナーにいるディーノのタイツを下げて生尻にオーバーハンドチョップを放つと、試合の焦点はその生尻に誰が吸い込まれるかに。KUDOと石井にダブルのバイオニックエルボーを決めたアントンがKUDOを担ぐも寸前でかわされて、ディーノの生尻に接触。ディーノの生尻にニールキックを放った石井もKUDOによってディーノの生尻に吸い込まれてしまう。KUDOはダイビング・ダブルニードロップを放つがディーノがリップロックでカバーをカット。男色ドライバーはアントンがトラースキックでカットする。アントンの回転足折り固めをクリアしたKUDOがスピンキックを放つと、フラついたアントンはコーナーにいたディーノの尻へ。KUDOがディーノの上からダイブし、アントンにダイビング・ダブルニーアタックを決めて勝利した。
20150614 (10)20150614 (11)20150614 (12)20150614 (13)
試合後、亜門GMがいつでもどこでも挑戦権の使用をディーノに確認するも、特にリアクションせずに引き揚げたため「使わないみたいなので今日タイトルマッチはないようです」。KUDOが大阪のファンに一言述べようとすると場内に『BAD COMMUNICATION』が流れる。するといつでもどこでも挑戦権保持者の大家健が今成夢人を伴い、スーツ姿で2階バルコニーに登場。大家「皆さんはじめまして、ガンバレ☆プロレス代表の大家健でございます。KUDO、今日も勝ったみてえだな。おめでとう! でも俺が大阪まで来るなんて思ってなかっただろうが! 俺はいつでもオマエを監視している。オマエが隙を見せた瞬間に、このいつでもどこでも挑戦権を行使する準備はできている。そしてガンバレ☆プロレスはプロレスをメジャースポーツにするために日々がんばっております! プロレス最高峰のベルトであるそのKO-D無差別級のチャンピオンになって両国大会のメインイベントに立つことは、プロレスをメジャースポーツにするために必要不可欠な第一歩です。これはな! ガンバレ☆プロレスとDDTの全面戦争なんだよ! 俺たちは勝つまでやるぞ! オマエらよーく聞けよ! 俺たちがガンバレ☆プロレスだ! ウィー・アー! ガンバレ☆プロレース!」。『BAD COMMUNICATION』が場内に鳴り響き、大家と今成は退場。亜門「やばいですよ、KUDOさん! 大家が大阪まで来ちゃいましたよ! やっぱり昔の大家健じゃないですよ! どうしましょう!」KUDO「GM、今日で完全にわかりました。アイツはいつでもどこでも挑戦権を使う気がありません! もし使ったらすぐになくなっちゃうからですよ。安心してください」亜門「すいません、取り乱しちゃって」KUDO「このあと僕の仲間2人がKO―Dトーナメントで闘います。2人に勝ち上がってもらって、僕はこのベルトを防衛し続けて、両国国技館、1万人のお客さんの前で酒盛りだー!」
20150614 (14)20150614 (15)20150614 (16)20150614 (17)
第3試合は坂口征夫vs大石真翔のトーナメント2回戦。大石はヘッドロックで試合を構築。坂口のエプロンPKをかわした大石がエプロンから飛びつきスイングDDT。リングに戻すと執拗にヘッドロックで絞っていく。パンチで逃れた坂口がジャンピング・ミドルを決めて5分が経過。PKをかわした大石がヘッドロック。さらにスイングDDTからミラクルエクスタシーを決める。これを返されるとダイビング・ボディーアタックへ。カウント2で返されるとまたまたヘッドロックへ。坂口はこれをなんとか逃れると再度のヘッドロック狙いを急角度バックドロップで解除し、煉獄から神の右膝につないで勝利した。
20150614 (18)20150614 (19)20150614 (20)
【試合後のコメント】
大石 坂口征夫を総合格闘技あがりのレスラーだと思っていて、総合格闘技にはないヘッドロックという僕の得意な技で攻めたんですけど、一つ誤算だったのは、あの人はプロレスラーでした。そこだけですね。もう一個、何かあればよかったんですけど、頭の中には総合格闘技あがりのレスラーというのがあったけど、もう総合格闘技あがりのレスラーだとは思わないですね。次はもう一個、作戦を立てていきたい。悔しいです。まだまだです。
20150614 (34)
第4試合はマサ高梨vs竹下幸之介のトーナメント2回戦。高梨の入場曲が終わっても一向に本人が入場する気配がない。すると赤コーナーサイドの入場ゲートで激しい物音が。すでに高梨が竹下を襲撃し、客席へ雪崩れ込むように現れた。ここで開始のゴング。盗んだEXTREMEのベルトも持ってきた高梨が優勢のままリングイン。高梨は福田の星条旗も奪い、それで竹下を痛めつけ、コーナーポストも外してしまう。竹下はなんとかキックを決めてようやく反撃。竹下のSTFをロープに逃げた高梨は場外へ。追いかけた竹下にお茶を噴きつけた高梨はセコンドの福田をぶつけて、カウントアウトを狙ったが、竹下は19で生還。ならばと高梨は再びリング下で挑発し、竹下に詰め寄られた木曽レフェリーの両足を掴んでリング下に落としてしまう。木曽レフェリーがダウンしていると高梨はEXTREMEベルトを手に竹下をリング下から殴打。リングに戻ってもそれを使って攻撃せんとしたが、木曽レフェリーがリングに戻され蘇生。慌てた高梨がベルトを竹下にトスして殴打されたフリ。木曽レフェリーが竹下に反則を取ろうとするも、この動向を見ていた松井レフェリーがストップをかけて無効にする。竹下の怒りのエルボーからのブルーサンダーをコルバタで切り返した高梨はタカタニックの体勢。これを回避した竹下が怒りのビッグブーツからさらに串刺しビッグブーツ。ラリアットをブチ込み、ジャーマンで投げて勝利した。
20150614 (21)20150614 (22)20150614 (23)20150614 (24)
【試合後のコメント】
高梨 俺のベルトどこだよ! 本来なら俺の勝ちだろ! 松井の野郎、しゃしゃり出やがって。だいたい、あんなクソベルト巻いたからこんなことになるんだよ! あのベルトには興味ねえよ!
20150614 (35)
試合後、7・12東成区民センターの一部カードが発表された。スーパー・ササダンゴ・マシンvs丸山敦、アントーニオ本多vsマグニチュード岸和田、くいしんぼう仮面vs菊タローvsXの3試合。続いてスクリーンで重大発表が。11・28大阪府立体育会館第一競技場でのビッグマッチ開催をスクリーンで発表。大会名は「大阪オクトパス2015」。リングに登場した高木大社長がマイク。「ついに! ついに! ついに! 上へいくぞー! 2月にさいたまでやった! 8月に両国、でもまだまだDDTのビッグマッチは終わらない! 11月28日、関西初のビッグマッチを府立第一でおこないます!」さらにメインイベントのカードをKO-D無差別級選手権試合◎<王者>その時点での王者vsDDTドラマティック総選挙2015第1位<挑戦者>とアナウンスした。
20150614 (25)
【高木大社長のコメント】
高木 府立第一大会を開催します。DDT初めての関西でのビッグマッチです。文字通り、上ですね。府立第二も定着してきて、DDTがどんどんステップアップしていくためには地方でのビッグマッチ、とくに大阪でのビッグマッチ成功が避けられない。年間の後楽園ホールのスケジュールがあって、府立第一の次の日に後楽園大会を仮で発表していますが、そういったことも含めて色々とできればなと思います。西でビッグマッチでやりたかったし、自分は大阪出身なので小さい頃から府立第一というのは思い入れのある会場であって、プロレスラーならば一度は府立第一にトライしてみたいなと。実際に僕は府立第一で試合をするのは初めて。絶対に成功させたいし、大阪が成功すれば色んな地方でやっていけるんじゃないかなと。東京に集中している昨今のプロレス界の中で地方でビッグマッチがなかなかできないという声を聞くんですけど、DDTは東京だけじゃないというのを見せたいし。じゃあどこだってなったら府立。府立が成功すれば次は名古屋、福岡、札幌、仙台、広島…どんどんやっていきたいと思います。
――初めて府立第二をやってから第一進出は悲願だったと思うが。
高木 上はつねに意識はしていたんですけど、まずは第二を定期的にやって満員にすることなんじゃないかなと。ただ第一は大阪のビッグマッチとしてキャパもあるんで、心して掛かりたいと思います。
――規模としては両国クラスのビッグマッチ?
高木 両国クラスです。
――社長としてではなく選手としての府立第一というのは?
高木 僕がプロレスファンの頃に一番最初に府立第一で見たプロレスがUWFの高田延彦さん対ボブ・バックランド。それで府立第一のデカさ、すげえなと。SWSとかいろんな団体見ましたけど、最後にファンとして見た府立第一が東京プロレスの高田延彦さん対ブッチャー。それだけ僕の中で府立第一というのは特別な会場です。高田延彦さんが来ることはないと思いますけど(笑)、それぐらいワクワクするカードを用意したい。カード発表しただけで「すげえの持ってきたよ!」と。両国クラスのカードを持ってきます。ご期待ください。
20150614 (32)
第5試合はKO-Dタッグ選手権試合。第51代王者組の関本大介&岡林裕二はMIKAMI&石川修司を相手に4度目の防衛戦。MIKAMIがチャンピオンチームのパワーに圧倒される展開が続いて5分が経過。関本の逆片エビをなんとかロープに逃れると岡林の逆水平に倒れながらもフォールは許さず、スクリューキック、デュランダルでようやく逆転。石川が関本にコーナー2段目からミサイルキックを決める。関本は替わったMIKAMIをボディースラムで叩きつけ、岡林と交替。MIKAMIは向かってくる岡林を場外に出してトルニージョ。ラダーを持ち出したMIKAMIはそれを雪崩式ブレーンバスターの要領で投げて岡林にダメージを与える。岡林の首にラダーを引っ掛けてスワンダイブ式ドロップキック。さらにラダーをコーナーに立て掛けて登っていく。その動きを止めた岡林がラダーごとバックフリップのような形でMIKAMIを投げてしまう。すると石川が岡林に頭突きを見舞ってファイアーサンダー。ヴォルカニックボムからカバーに入るMIKAMIを関本がジャーマンで投げる。その関本を石川が頭突きからバックドロップで投げ、起きた関本が石川にラリアットをブチ込んで4者ダウン。MIKAMIがスク~ルボ~イを連発する執念を見せる。丸め込めないと石川のランニング・ニーリフトの力を借りて決めたがカウント2止まり。岡林はラリアットで逆転。続いてパワーボムを決めるもカウント2で返される。ならばとゴーレムスプラッシュでトドメを刺した。
20150614 (26)20150614 (27)20150614 (28)20150614 (29)20150614 (30)20150614 (31)
【試合後のコメント】
岡林 MIKAMI選手と初めてやってスピードとテクニックに翻弄されてしまって、危なかったですね。
関本 かく乱されたよね。
岡林 ちょっとヤバいなと思いました。修司選手はどういう戦法でくるのかわかっていたけど、MIKAMI選手はビックリしました。ちょっと危なかったです。

――関本選手も同じ思い?
関本 技が効いているのかわからなかった。うまくはぐらかされた感じがします。
岡林 最後、パワーボムで決まったと思ったら返されたので、「え!?」と思った。

――その中で防衛できたのは大きい?
岡林 そうですね。ああいう苦手な選手に勝てたのは、自信になったし誰でも来いという感じです。
20150614 (33)
※MIKAMI&石川はノーコメント。

セミファイナルは佐々木大輔vs飯伏幸太のトーナメント2回戦。佐々木はキャンバスに寝そべり「オマエが決勝へいけ」と誘う。これに乗った飯伏をすかさず丸め込む。丸め込みを連発したがすべてカウント2で返されてしまった。飯伏は佐々木をドロップキックで場外に出すとバミューダ・トライアングルを狙ったが、佐々木は回避。佐々木が宮武を羽交い絞めにすると、飯伏はなぜか宮武を攻撃していった。気を取られた飯伏の脚を佐々木が痛めつけてリングに戻るとレッグロック。キャンバスへのニークラッシャーから足4の字固めへ。これをエスケープした飯伏は向かってきた佐々木をコルバタで投げるとバミューダ・トライアングル。クロス・フェースロックを逃れてその場跳びムーンサルトを決めるとパワースラムへ。佐々木はムーンサルト・プレスを剣山で返して丸め込む。さらに飯伏をドロップキックで場外に出すとトペ・スイシーダ。飯伏をイスに座らせた佐々木はコーナーからスーパーダイブのエルボーを決めてみせた。リングに戻ってクロス・フェースロックで絞るもこれはロープに逃げられる。飯伏はNOW OR NEVERを回避してコーナーへの槍投げ。佐々木は直後にラリアットを食らうもシットダウン・ラストライドは飯伏の股下を潜り抜けて回避して丸め込む。カウント2でクリアされると顔面トラースキックからドラゴン・スープレックス。さらにキークラッシャーでフォールを奪えないとコーナーに登る。飯伏はオーバーヘッドキックで動きを止めるとスワンダイブしての雪崩式フランケンで佐々木を落とし、シットダウン・ラストライドの体勢。これをなんとか逃れた佐々木。松井レフェリーのほうに投げると、慌てた飯伏を佐々木式ウラカンラナで丸め込んで勝利した。
20150614 (36)20150614 (37)20150614 (38)20150614 (39)20150614 (40)20150614 (41)
【試合後のコメント】
飯伏 結果的には残念ですけど、優勝してもらいたいですね。
――試合を振り返って。
飯伏 騙された! ハメられた! (佐々木は)いろいろ知ってますよ。疲れました。
――佐々木選手の勝利の執念が見えたと思うが。
飯伏 気持ちの部分で負けたかもしれないし、どこかでいけるだろうというのがあったかもしれないし。でもハメられた。うまかったです。残念ですけど優勝してほしいです。あ、宮武のせいだ。
20150614 (53)
メインイベントは樋口和貞vs入江茂弘のトーナメント2回戦。入江のボディーシザースを逃れた樋口がボディースラムからボディープレスを浴びせる。ハーフダウンの入江に逆水平を打ち込み、優勢のまま試合を進める。入江は樋口のアイアンクローを手を口に突っ込んで回避すると、ブレーンバスターをなんとか投げ返してようやく反撃の狼煙をあげる。テディベアをカウント2で返した樋口は逆水平。入江がエルボーでやり返してラリーに。樋口がビッグブーツでダウンさせるとドロップキック。フォールを奪えないと拷問式フェースロックでギブアップを迫る。ロープに逃げた入江にオクラホマスタンピード。コーナーに登った樋口を入江が追いかける。落とされても何度も立ち向かい、ついには雪崩式ブレーンバスターで投げた。フライング・ソーセージはカウント2。ならばと腕決めパイルドライバーを狙うがリバースショルダーされてしまう。樋口の逆水平と入江のエルボーの打ち合い。樋口がビッグブーツで追い詰めてぶちかましを狙うが、入江がショルダーで跳ね返す。コーナーに登った入江を樋口が追いかけて雪崩式のシットダウン・ノド輪落とし。カナディアンで担ごうとするも入江は樋口の口に手を突っ込んで抵抗。再度担いで変形カナディアン・バックブリーカーを決めてグイグイ絞っていく。入江セコンドの石井がタオルを手にエプロンへ上がるが、入江はギブアップしない。ならばと樋口が入江にぶちかまし。さらに突進するが、入江が回避してコーナーにぶつけるとラリアット。ハーフダウンの樋口にさらにラリアットを決める。これでもフォールを許さない樋口がぶちかましから入江をコーナーに乗せてカナディアンでキャッチすると轟天を決めてフォールを奪った。場内は大歓声。樋口が握手を求めるも、入江はそれを拒否して引き揚げた。
20150614 (42)

20150614 (43)

20150614 (44)20150614 (45)20150614 (46)20150614 (47)20150614 (48)20150614 (49)20150614 (50)
試合後は準決勝の組み合わせ抽選会へ。樋口、竹下、坂口、佐々木の順にボックスの中のボールを引いた結果、樋口vs坂口、竹下vs佐々木に決定してエンディングとなった。
20150614 (51)20150614 (52)
【試合後のコメント】
竹下 いつもしゃべりすぎるんで、言うことないです。何も言いたくないです。勝つんで。勝って、両国いって、両国のメインでベルトを取るんで。もう、その絵しか浮かんでいないので。もう何も言うことないです。なんか逃げそうで、勝ち運が。
――準決勝の相手については?
竹下 勢いが凄いですね。佐々木さんはけっこうベテランですけど、なぜかここに来て勢いが、すごい勢いです。勢いが凄い。もうそれ以上ないです。今の勢いは佐々木さんの方があるかもしれないですけど、それを止めるんで、力と若さで止めます。
20150614 (54)
坂口 生き残りました。先のことは考えられないです。まず、次ですよ。生き残るしかないので、次、樋口。強いらしいけど、オマエよりオレの方が修羅場くぐってる数は全然違うんで、ぶっ倒します。一撃必殺の武器があるので。
――神の右膝が武器になっている。
坂口 そうですね。ただ、ほかにも一撃で仕留める技はまだまだ隠し持ってるので、樋口があれしか見てなければ、逆に違うことを引っ張り出すだけなので。あっちは相撲で強いのかもしれないですけど、こっちは一撃で脳を遮断する。それがデカい相手にも通用するというのは、以前、入江選手を倒して、みんなもわかってると思います。それを駆使して。さほど難しくないと思います。
――トーナメント準決勝は2013年以来です。
坂口 もともと、今回エントリーされてから優勝云々は一切考えずに、毎試合毎試合、決勝戦の、それぐらいの気持ちで闘ってたので、1回戦の石井選手もいつもと全然違うし。今日、2回戦の大石選手もまったくいつもと違う。ひとりひとりの選手がそういう引き出しを開けてくる。自分のなかでも1試合1試合が決勝戦のつもりで挑んで。先のことはなんにも考えられないです。とりあえず、後楽園で樋口をぶっ倒します。
20150614 (55)
樋口 いやあ入江選手、凄かったです。パワーと言うより、瞬発力。一瞬の爆発力は、たぶん今までやってきた人の中で一番強かったですね。それでもなお、今日、力で上回ったと思うので、またひとつ上に進めたと思います。必ず、次、坂口さん、倒して、優勝して、両国のメインに立ちたいと思います。両国千秋楽、結びの一番。必ず、立ちたいと思います。
――ヘビー級相手でも轟天を決められたことは自信になったと思います。
樋口 そうですね。カナディアン・バックブリーカーで2回、担ぎ上げたんですけど、やっぱりちょっと失敗しましたね。変形カナディアンで決めようと思ったんですけど、全然、ギブアップしなかったんで。もう轟天しかないなと、死にものぐるいで持ち上げて決めました。
――札幌でKO-D無差別級に挑戦したが、またこうしてチャンスが巡ってきたのは大きい。
樋口 札幌でHARASHIMAさんに負けたことがいい経験になったと思います。DDTでチャンスが来たので、確実にものにしていくことで、また近づくと思うので頑張りたいと思います。
――準決勝の相手は坂口選手です。
樋口 見るからに蹴りとサブミッションで攻めてくるので。まあその点に関しては、HARASHIMAさん、KUDOさん、飯伏さんとやって、耐えれると思います。耐えた上で、力でネジ伏せたいと思います。
20150614 (56)
※佐々木、入江はノーコメント。