DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【記者会見】飯伏幸太、頸椎椎間板ヘルニアで長期欠場へ。KO-Dタッグ王座は返上。「復帰することを待ちたいと思います」(高木)「新日本プロレスとしては今回の件で契約が終わるのではない」(菅林)

2日、東京・新宿御苑のTEC事務所で飯伏幸太の今後に関する記者会見がおこなわれた。会見にはDDT・高木三四郎社長、新日本プロレス・菅林直樹会長が出席。まずは今林久弥広報が現状を説明。「現在欠場中の飯伏幸太ですが、10月24日の深夜から高熱が続き、試合ができる状況ではないと判断したため、10月25日後楽園大会を欠場させていただきました。それに加え、以前から左半身の痺れが取れず、精密検査をおこなったところ、頸椎椎間板ヘルニアと診断されました。プロレスラーとして試合をすることに関してドクターストップがかかりました。このため、本人のこれからの選手活動を考え、症状が完治するまでは今後の試合をすべて欠場させていただくことになりました。復帰時期は未定となります。また現在、佐々木大輔とのコンビで保持しておりますKO-Dタッグ王座を返上することも合わせて決定致しました。
ご報告いたします」続いて高木社長、菅林会長がコメント。
20151102 (1)
高木 今年の夏頃から飯伏幸太本人から左半身の痺れがあると聞いてまして、一度精密検査を受けたほうがいいという話をしていたんですが、今回、頸椎椎間板ヘルニアという診断が下されました。新日本プロレスさん、菅林会長ともご相談させていただき、両団体ともしばらく欠場させていただくことになりました。日常生活に支障をきたすものではないんですけど、なにぶん神経からきている痺れなので、試合はお休みしたほうがいいだろうということになりました。日常生活に関しては支障がないので、そのへんに関してはご安心いただければと思います。本来であればこの場に本人が同席の上ご挨拶すべきと思うのですが、弊社の後楽園大会(10月25日)のメインイベント、総選挙で選ばれてタイトルに挑戦する重要な試合で穴をあけてしまったということで本人が落ち込んでおりまして、皆様の前に立てる状況ではないと判断して本人不在の会見とさせていただきました。弊社としましても飯伏幸太が完全にケガを治して、復帰することを待ちたいと思います。皆様にはご迷惑をお掛けしたことをお詫びいたします。

菅林 今、高木社長からご報告があった通り、新日本プロレスとしましては今回の件で契約が終わるのではなくて、復帰を新日本として待ちたいと思います。

現在カードが発表されている新日本プロレス11月7日エディオンアリーナ大阪大会は欠場となる(代替カードは新日本プロレスから後日発表あり)。また現在発表されていた書籍「ゴールデン☆スター飯伏幸太 最強編・最狂編」の発売を記念したサイン本お渡し&台車撮影会は全て中止となった。整理券の持参者と整理券配布を予定していた札幌・博多への対応については出版社のホームページ(http://books.shopro.co.jp/?news=ibushikota_event)を確認すること。質疑応答は以下の通り。

――復帰時期は未定とのことだが、どれぐらいになれば戻ってこれるか?
高木 やはり神経の部分ですので、本人のファイトスタイルがかなりハードでもあると思うので、長期的な…年内、年明けも含めて欠場するという方向で決めております。
――手術に関する有無は?
高木 現在、本人と話しているのは手術をしないで治療を続けて治していくという方向で話をしております。
――今回の件で2団体所属がなくなってしまうわけではない?
高木 そうですね。
――今後の芸能活動に関しては?
高木 今現在、日常生活をおこなう部分では支障をきたしていないので、体を使うものではない限りは、とは思っているんですけど。露出が増えているのはわかっているんですけど、そのへんは無理しない形でと思っています。