DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~の見所解説】~「DDTがDDTであるために」20年のエンタメ集大成! ワールドワイド世界一ヤバいヤツ決定戦「ディーノvsライアンに全世界の注目が集まる! 果たして「DDT UNIVERSE」で流せるのか? 」

○「DDTがDDTであるために」20年のエンタメ集大成! ワールドワイド世界一ヤバいヤツ決定戦
男色ディーノ vs ジョーイ・ライアン

worldwide

DDTが独自のインターネット動画サービスとして「DDT UNIVERSE」を開設。ドラマティック・ドリームなプロレスを全世界で視聴できるとあって、今後はワールドワイドな戦略が求められる。
そのキーマンになる選手筆頭が男色ディーノ。他に類を見ない“ゲイレスラー”であり、男色殺法は言葉の壁を簡単に飛び越えられる武器だ。「DDT UNIVERSE」オープン以来、後楽園ホールで繰り広げられた髙山善廣&ディック東郷戦、コルト・カバナ戦は海外オーディエンスたちの注目を集めた。
そういう意味では今回のジョーイ・ライアンとの初シングルは「DDT UNIVERSE」向きの試合と言える。DDTにすっかりハマった“米国インディー界の超大物”は、ディーノとの攻防で編み出したチ●コスクリューをフェイバレットムーブにし、アメリカマットを賑わしているという。
ディーノは2・19後楽園大会で「DDT UNIVERSE」生中継にもかかわらず、一糸まとわぬ姿になりかけ、「さいたまスーパーアリーナではこんなもんじゃ終わらせないわ。私は会場に来た人たちに見せるべきものを見せる!」と豪語した。当日、放送事故の場合はフタ絵で対応するというが、全世界に大惨事が流されないことを祈るばかりだ。


Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~特設サイト(http://www.ddtpro.com/Judgement2017/)
チケット購入ページ一覧
→公式チケットフォーム(こちら)
→チケットぴあ(こちら)
→ローチケ(こちら)
→e+(こちら)