DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~の見所解説】~DDT EXTREME級選手権ハードコアマッチ「デスマッチのカリスマと狂気のカリスマが激突! DDTマットに大きな変革を与えるのはどちらか?」

○セキチュー presents DDT EXTREME級選手権ハードコアマッチ
<王者>葛西純 vs <挑戦者>佐々木大輔

ddt_extreme

カリスマとは超人的才能、能力を持った人、人々を率いて、時代に大きな変革をもたらす力を持った人のことを言う。
日本では一時期、美容師を筆頭に様々な職種でカリスマが誕生し、一大ブームとなった。プロレス界も御多分に洩れず、現在は2人のカリスマが幅を利かせている。
“デスマッチのカリスマ”──葛西純は、ありとあらゆる危険な闘いに身を投じ続け、時には後楽園ホールのバルコニーからダイブした。その刹那的なファイトはファンから絶大的な支持を集め、いつしかそう呼ばれるようになった。
その葛西にとって「目障りな存在」なのが同じくカリスマと呼ばれている佐々木だ。後先考えない生き方やファイトスタイルがファンの共感を呼び、さらにDAMNATIONの結成で“神格化”して、今や不動の人気を確立しつつある。
彼らに用意された舞台は凶器の使用が認められ、反則裁定や場外カウントのないハードコアマッチだ。葛西にとっては得意としている試合形式であり、これまでの場数から見ても有利と言えるだろう。しかし、佐々木とて何をしでかすかわからない、狂気的なレスラーだ。セキチューから提供されたアイテムを使い、水を得た魚のようにハードコアルールで“狂猿”を葬ってしまうかもしれない。最後にリングに立っている真のカリスマは、果たしてどちらだ。


Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~特設サイト(http://www.ddtpro.com/Judgement2017/)
チケット購入ページ一覧
→公式チケットフォーム(こちら)
→チケットぴあ(こちら)
→ローチケ(こちら)
→e+(こちら)