DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~の見所解説】~戦国武将マッチ「豪華名将が集結した3・20さいたまの乱! プロレス界の歴史に新たな一ページが刻まれる」

○シブサワ・コウ35th 信長の野望~俺たちの戦国~
-戦国武将マッチ-
高木三四郎×豊臣秀吉&武藤敬司×武田信玄&木髙イサミ×真田幸村 vs 秋山準×上杉謙信&飯伏幸太×織田信長&関本大介×柴田勝家

sengoku

プロレス界は今、まさに戦国時代である。かつては日本プロレスという王朝に統一されていたが、ジャイアント馬場とアントニオ猪木という二大巨頭の台頭により、新日本プロレスと全日本プロレスに分裂。そこからさらに独立、離脱、合流を繰り返して現在の多団体時代、つまり戦国時代へと突入した。まさに、戦国シミュレーションゲーム『信長の野望』の世界さながらである。
そんなプロレス戦国時代の中、DDTプロレスが結成20年を迎えた。北沢タウンホールで旗揚げ戦をおこない、取るに足らない小大名から徐々に勢力を拡大。今やさいたまスーパーアリーナという大舞台で戦をしようとする独立団体の雄だ。今回、DDTがコーエーテクモゲームスのスマホアプリ『信長の野望 俺たちの戦国』とコラボし、戦国時代の世界観そのままに天下分け目の大戦をおこなう。出場選手もプロレス版関ヶ原と呼ぶに相応しい、各勢力の名将たちが集結した。
海外を含めほぼ全てのメジャー団体を渡り歩いた「風林火山」武藤敬司、王道プロレスの系譜を正当に継ぐ「軍神」秋山準、インディーながらメジャーの大将首を獲り続ける「猛将」関本大介、世界最大手団体からも評価されながら自分の道を歩む「うつけ者」飯伏幸太、今やインディーの顔となった「日本一の兵」木髙イサミ、そしてDDTを類まれなる戦術眼で20年間率いてきた「出世頭」高木三四郎。
日本のみならず世界が注目する3・20さいたまの乱。勝鬨をあげ、天下に号令をかけるのはどの将なのか? プロレス界の歴史に新たな一ページが刻まれる!


Judgement2017~DDT旗揚げ20周年記念大会~特設サイト(http://www.ddtpro.com/Judgement2017/)
チケット購入ページ一覧
→公式チケットフォーム(こちら)
→チケットぴあ(こちら)
→ローチケ(こちら)
→e+(こちら)