DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【記者会見】4・29後楽園大会でKUDO&高梨将弘&赤井沙希vs佐々木大輔&マッド・ポーリー&ハイジ・カトリーナが決定! ハイジの意気込みを佐々木が勝手に通訳し、赤井を「ブス」「貧乳」と罵倒、赤井も「胸は量じゃなくて質だということを後楽園で見せてやります!」と応戦し、最後はハイジと一触即発!

17日、東京・新宿御苑前のDDTプロレス事務所にて記者会見がおこなわれた。鶴見亜門GMと佐々木大輔、ハイジ・カトリーナ、さらに高梨将弘、赤井沙希が出席。
20170417 (1)
亜門GMは先日のDAMNATION主催興行に来場し、急きょ島谷常寛の対戦相手に名乗り上げ、完勝を収めたハイジ。コメントスペースでは赤井沙希との対戦を要求していたが、DAMNATIONからも要望があったため、亜門GMは4・29後楽園大会でのKUDO&高梨&赤井vs佐々木&マッド・ポーリー&ハイジの6人タッグマッチをアナウンスした。DAMNATIONとしてはハイジをバックアップする形のようだが、亜門GMに「キャンディスの時みたいに結婚したいなんて…」と訝しがられると、佐々木は「バカヤロー!」と一喝し「俺がフラれて傷つくのは嫌なんだよ! もう恋はしないんだよ!」と否定した。ハイジは「ジョニー・セイントらと練習をやったことがあります。キャリアは5年だけど、いろんな国でプロレスをやってきた」と自己紹介。なぜ赤井と対戦したいのかを聞かれ「アカイサンはDDTトップの女性レスラーだから」とひじょうにわかりやすい英語で答えたように思えたが、これを訳そうとしたワンチューロに佐々木が暴行を振るって黙らせてしまうと「赤井? ブスで貧乳なヤツがリングに上がって恥ずかしくないのか? 生きていて恥ずかしくないのか?」と勝手に通訳。これを聞いた赤井は「自分の知らないところで私と組みたい、闘いたいとおっしゃってくださる選手の方はいらっしゃるんですけど、ネット上でハイジさんが私の名前を挙げてくださるのを知って、外国人選手と闘ってみたかったし、身長も大きくて美しいので、光栄だなと思っていたんですけど、初対面でそんなことを言われるのは心外。スイッチ入りました。胸は量じゃなくて質だということを後楽園で見せてやります」と佐々木の訳をすっかり信じてしまっている様子。「ハイジ選手は赤井選手の試合を見たことがあるのか?」という質問が飛ぶと、ハイジは「もちろん。彼女は私と同じように強くて、パワフルで、大きい」とひじょうにわかりやすい英語で返したように思えたが、それをワンチューロが訳そうとすると佐々木がまたも暴行を振るって黙らせて「ハイジはこう言ってる。あんな素人がリングに上がって貧乳を晒して恥ずかしくないのか? 私がヘシ折ってやるわ!と言ってる」と勝手に通訳。これも赤井がすっかり信じ込んでしまって「貧乳という言葉しか頭に残らなかったんですけど…、そこが目立ったってなんのためにやってきたんだろうと思います。自分の蹴りで目を覚まさせてやります」とコメント。佐々木はハイジについて「選手としてもモデルとしても人間としても素晴らしい」と絶賛。ハイジは佐々木の印象について「彼はワイルドでストロング、エキサイティングね」とわかりやすい英語で評したように思えたが、佐々木はまたまたワンチューロに暴行を振るって通訳をストップさせると「ハイジは私のことを『とても親切で、とても強くて素敵な男性で結婚したい…』」と勝手に訳し始める。
20170417 (2)20170417 (3)20170417 (4)20170417 (5)
すると酒が抜けずにコメントすら出せなかったが高梨が「何、適当な通訳してんだよ!」と呂律の回っていない状態にも関わらずクレームを入れて突っかかろうとするも、ハイジが高梨の口を押えてストップ。赤井も高梨を救出してハイジと睨み合い、一触即発の中で会見はお開きとなった。
20170417 (6)20170417 (7)20170417 (8)