DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【両国ピーターパン2017一夜明け会見】9・24後楽園大会でKO-D無差別、DDT EXTREME、インディージュニアを懸けた3WAYマッチ開催! 大家がガンプロ9・21新宿でYASSHI相手に防衛失敗の場合は全財産66万4911円(多少の変動あり)を懸けることに!/KO-D10人タッグ王者はリーダーを含め3名以上がいれば、防衛戦でメンバーチェンジ可能に/亜門がGM復職を懸けて8・25新宿で開場直後に試合!

21日、東京・新宿御苑前のDDTプロレス事務所にて「両国ピーターパン2017~ピーターパン 二十歳になっても ピーターパン~」の一夜明け会見がおこなわれたが、どうもいつもと事情が違うようで、昨日、高木三四郎を破ってリング上の全権を手にし、プロデューサーに就任した男色ディーノへGM職をクビになってしまった鶴見亜門が「お願いしますって! 妻も子供もいるんですよ! 45歳にもなってクビになってどうすればいいんですか!」と懇願中。なんでも高木三四郎大社長から全てをディーノに一任したと伝えられたとのことで「GMに復帰させてくださいって! お願いします!」と頭を下げまくる。「細かい作業が苦手なのよ。そういうのはプロデューサーにも必要だけど、面倒くさいからどうしようかと…」と打ち明ける男色Pに亜門は「今日やります。それで判断してください。そういうの無理だと思ったんですよ。自分の興味あることは天才的に能力を発揮するのに、自分に興味のないことは一切頭に入ってこないタイプじゃないですか。日程とか覚えないし、そういう部分に僕もカチンときていたので」と軽くディスりながらお願いし、男色Pは「じゃあ今日の会見を回してみて、その結果でアンタのGM職の今後を決めます」と容認。男色Pから本日の発表ごとの書かれた紙を渡された亜門がさっそく読み上げていく。
20170821 (1)20170821 (2)
まずKO-D10人タッグ王座について。「今後どんどん防衛戦をやって欲しい」(亜門)という願いを込めて作られたベルトだが、初代王者として認定されたLiLiCo、レディビアード、スーパー・ササダンゴ・マシン、大石真翔、大家健というメンバーであり、大石と大家以外はスケジュール調整が難しそうとあって、男色Pは「これは防衛戦できんぞと。だからいっそのこと5人いるうちの3人以上のオリジナルメンバーがいれば違うメンバーがいても防衛戦やってもいい」と追加ルールをアナウンス。5人のうち、リーダーは固定でほか2人以上のオリジナルメンバーがいれば、ほかが違うメンバーであっても「イメージは変わらない」(男色P)ため、防衛戦が成立するという。これに亜門は「素晴らしいアイディア! 斬新!」とヨイショ。

続いてKO-Dタッグ選手権試合について。昨日、新王者チームとなったHARASHIMA&丸藤正道に高木三四郎&男色ディーノが挑戦するが、その場所が9月20日(水)東京・昭和島の宮地鉄工所で正式にアナウンス。大会名は「工場プロレス in 宮地鉄工所2017」で開場は19:00、開始は19:30でチケットは4,320円。ファンクラブ先行受付は8月28日(月)からスタート。今大会もDDTドラマティック総選挙2017の対象大会となる。定員に限りがあるため、亜門は「今からファンクラブに入ってもらえれば申し込みに間に合います。この機会にご入会ください」と呼びかけた。

そして昨日、遠藤哲哉を破ってKO-D無差別級王座V7を達成した竹下幸之介が呼び込まれる。「両国のメインは2年連続だったんですけど、昨年の両国のメインの敗北がずっと引っ掛かってて、それを一つのモチベーションでやっていた。両国のメインを今年は勝って締めることができてよかったのと、遠藤選手の対戦が両国という大きな舞台でできたことは単純に感慨深いものがありましたし、プロレスを純粋に楽しめて、防衛できたので言うことなしです」と振り返った竹下に男色Pは「明暗を分けたものは?」と質問。竹下は「実力ってひじょうに拮抗していたものがあったと思うんですね。肉体面、フィジカル面もそうだし、精神面もお互いに負けられないというものがあったと思うので、僕の中ではえっさっさが大きかった。メチャクチャ、プラスに働きましたね。あそこで一つ差を付けられたんじゃないかなと。本当に感謝しています」とコメントした。
20170821 (3)
次回の防衛戦は9・24後楽園大会。DDT EXTREME級王者・佐々木大輔、インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級王者・大家健との3人のタイトルを懸けた闘いとなるのだが、大家がガンバレ☆プロレス9・21新宿大会でインディージュニアの防衛戦が組まれており、亜門GMは「もしそこでベルトを失ってしまったらどうするんだろうという指摘が竹下選手があったんですけど…」と質問。完全にフリーズした男色Pに亜門は「当然知らないですよね、興味ないことでしょうから」と軽くディスる。今回は佐々木、大家も会見に呼んでいたことから、男色Pはさっそく会見場に促す。そして現れた大家に小声で「どういうこと? 防衛戦するんでしょ? 恥欠かせないでよ」と確認。大家は「わかってたけど、9月24日だってチャンピオンなんだから受けるだろ! テメエが打診しといてテメエはわかんなかったのかよ!」と大声。するとディーノも「自分のスケジュールぐらい言えや!」と言い返して口論に。「負けたらどうすんだって!」と詰め寄るディーノに大家は目線を合わせず「負けるわけねえだろ」と小声に。「アンタ素人でしょ」(ディーノ)「2回ぐらい防衛してますからね」(大家)「負けたらどうすんのって言ってんの!」(ディーノ)「フザけんじゃねえよ! ちょっと待っとけよ!」(大家)急に大家が会見場から離れてしまう。亜門GMは佐々木に振ると、佐々木は「コイツ(竹下)とシングルでいいんじゃないですか? あの素人はいらないでしょ」と乗り気でない様子。ここで再び会見場に戻ってきた大家は「懸けてやるよ!」。大家が机に叩きつけたのはなんと貯金通帳。「俺の全財産懸けてやるよ! この3つのベルトと同等だよ!」(大家)通帳の中身を見た佐々木は「すげえ! 一生遊んで暮らせる!」と驚愕。ディーノも中身を確認したが「66万4911円。超リアル…。すげえ?」。大家は「もしベルトを失くしたら、これを懸けてやるよ!」と全財産を投げ出すと宣言。竹下は「もしこれで試合することになったとして、当日までに残高を持っていくなよ。増やしておけよ」と忠告。大家は「そんな器の小さい男だと思ってんのか! スロットでもパチンコでも何でもやって増やしてやるよ!」と逆ギレ。亜門は「生活費も入ってんですよね。お子さんも生まれたばかりで大丈夫なんですか?」と問いただすと、大家は「大丈夫だよ! これぐらいの背水の陣を引かないで、どうやってプロレスをメジャースポーツにできないだろ! やってやろうじゃねえか!」と引き下がらず、こうして大家がインディージュニアを失った場合は大家の全財産(現在66万4911円)を懸けることに。こうして報道陣との質疑応答に。
20170821 (4)20170821 (5)20170821 (6)20170821 (7)
――正式なルールは? 一人の勝者がベルト、もしくは残高を総獲りになる?
男色 総獲りになると緊張感ねえなと。結託して一人を落としてお互いシングルだってあり得るでしょ? そういうのを防ぐために周りは全部敵。
亜門 一人が二冠王、もしくはベルトと貯金を得た時点で終了…。
大家 まだわかんねえだろうが!
男色 そこはいいから。ブレるから。そんなにシンプルなもんじゃない。思惑とかも加味された試合になります。

――ルールと対戦相手について。
大家 獲れるベルトがあれば隙あれば、どちらも狙っていきます。ワタクシはとりあえずベルトが獲れればいい。その気持ちでいっぱいでございます。どっちでもいいよ。いけるときにガツンといきます。
竹下 自分がEXTREMEのベルトと貯金をもらうことはできないということですね。どっちかですね。
男色(大家に)今でしょう!
亜門 負ける前提でせっかく言ってくれたのに。
大家 ……おかしいだろうがっ!
男色 遅くない?
大家 遅くねえよ!
亜門 遅かったですよ!
大家 よくわかってないんだよ! 理解する能力が低いんだよ! しょうがねえだろ! ワンテンポ遅れて理解しただけだよ!
亜門 油断しないでください。
佐々木 テツヤの仇を取るのが最優先だと思っていたけど、66万…。
大家(遮って)フザけんなって!
男色 ちょっと早すぎだな。
亜門 もうちょい聞いてからでもよかったですね。
佐々木 66万取って一生遊んで暮らそうかなと。“brother”YASSHI選手を応援してます。
大家 フザけんじゃねえよ!
男色 絶妙なタイミングで出すなあ(苦笑)。

――66万取った場合の使い道は?
大家 だから66万取った場合とかじゃねえだろ!
男色 大家さんの使い道は?
大家 生活費。
男色 そうだろうな。急にスケールが小さくなった(苦笑)。
大家 子供にいいモノを買ってあげます。
竹下 66万か。何できるんですか?
亜門 でも昨日の段階で200万円獲っているからなあ。
大家 何できるんですか?じゃねえだろ! 40歳の妻子持ちが必死に生活するために66万持ってんだよ! 失礼なこと言うな!
竹下 お婆ちゃんに66万円ぐらいのバッグを買ってあげたい。
男色 あ~マッサージ器とか。
竹下 高いやつね。
大家 それは本当にいい話。でもこのお金をテメエらには渡せねえんだよ!
佐々木 そんな大金持ったことないんで想像できないんですけど、プロレスを辞めて遊んで暮らします。

20170821 (8)20170821 (9)
最後に亜門が男色Pに「どうだったですか? 私の仕切り。会見を円滑に進められたんじゃないかなと」と訴える。しかし、男色Pが下した結論は「亜門GM、クビでございます」。泣きながら「わかりました」と認めようとする亜門に男色Pは「それでいいのかよ!」と一喝。男色「アンタ、GMをやってどんぐらい?」亜門「7年ぐらいです」男色「そんだけやって、この格言を知らない? プロレスのリングで起きた出来事はプロレスで解決する! あんたクビにされたのはDDTのリング上でしょ? それを解決するのはどこだって言ってるのよ」亜門「DDTのリング上…」男色「よくできました。テメエの力で勝ち取ってみろって!」亜門「試合するんですか?」男色「それで勝ち取ればいいじゃない。8月25日の新宿FACEの客入れと同時にやります。試合をやって勝てばGM続行。自分の力で勝ち取ってみればいいんじゃないですか?」亜門「わかりましたよ! やればいいんでしょ! やれば!」顎をしゃくれさせる男色Pが「やれんのか?」と言うと亜門は「やりますよ!」と張り手をブチかまし、指で作ったハサミでモジャモジャを切るフリをして去っていった。