DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【DDTプロレス in びわこ~ボートレースは水上の格闘技!~のまとめ】ボートレースびわこでDDTスーパースターズが大暴れ! KO-D無差別級王者の竹下は試合に勝って舟券に泣く…。

21日、『東スポグループプレゼンツ・ヘビー級王決定戦』が開催中のボートレースびわこにてDDTプロレスがイベントプロレスを開催。1F中央多目的ホールで「DDTプロレス in びわこ~ボートレースは水上の格闘技!~」をおこなった。

第1試合は佐々木大輔&遠藤哲哉&マッド・ポーリーvs大石真翔&勝俣瞬馬&MAOの6人タッグマッチ。『ネバギバ☆I LOVE YOU』で入場したNωAだが、試合が始まるとDAMNATIONの奇襲に遭って場外戦へ。ホールを所狭しと暴れ回ったDAMNATIONが勝俣を捕まえるも、勝俣も佐々木にドロップキック、延髄斬りを決めて反撃の狼煙。MAOのハリウッドスター・プレスは佐々木に剣山で返されるも、替わった遠藤には飛びつきギロチン、タッチを受けた大石がスイングDDTで続く。トリプル・ミラクルエクスタシーまで繰り出したNωAだが、フォールはカットに阻まれると大石がDAMNATIONの連係に捕まって、最後は遠藤のトーチャーラックボムでフォール負け。

第2試合は入江茂弘&マイク・ベイリーvs高梨将弘&梅田公太のタッグマッチ。ベイリーのミドルキック連打で場内から歓声が飛ぶと、入江の串刺しラリアットにはその迫力にどよめきが起こる。入江のテディベアをカウント2で返した梅田。コーナーへ登った入江を高梨とともにデッドリードライブで落としていく。酒呑童子の連係に捕まった入江だが、ベイリーが梅田に竜巻旋風脚でアシスト。入江がすぐにキャノンボールへと繋ぐ。ベイリーは場外の高梨をプランチャで釘付けにすると、リング内では入江が梅田をビーストボンバーで仕留めた。

第3試合はバトルロイヤル。石井慧介、大鷲透、平田一喜、赤井沙希、アントーニオ本多、樋口和貞がまず集結すると、アントンが最後に出てくる男色ディーノへの注意喚起。しかもホールの片隅にはなぜか「このゾーンにいらっしゃいますと、男色ディーノ選手にキスされる可能性がございます」と書かれた看板が。ディーノが登場すると当然そのスペースへ一直線。男性客をあれこれ狩っていった。試合はコーナーの登ったディーノの漢タイツを下げてケツを出させると、大鷲、石井、樋口を地獄門に吸い込ませてオーバー・ザ・トップロープにして失格に。そのアントンは平田によって地獄門に吸い込まれてしまってオーバー・ザ・トップロープで失格。赤井がビッグブーツを狙うもディーノの尻にヒット。ディーノが転落して失格に。赤井が平田にビッグブーツを突き刺すと、新人賞を決めて勝負あり。

メインイベントは竹下幸之介&彰人&ディエゴvsHARASHIMA&高尾蒼馬&渡瀬瑞基の6人タッグマッチ。竹下はこのあとおこなわれる第9レースの舟券を手に入場。スマスカ+渡瀬という急造トリオながら、ALL OUTのチームワークに抵抗。高尾のフェースクラッシャーからHARASHIMAのスワンダイブ式ボディープレス、さらに渡瀬のダイビング低空ミサイルキックをディエゴに突き刺すも竹下がカット。ディエゴのヒザ蹴りから替わった竹下は、彰人のバックドロップ+ディエゴのダイビング・ラリアットのアシストからダイビング・ボディープレスを投下。これはカットに阻まれるが、最後は渡瀬を孤立させて竹下がラリアットから垂直落下式ブレーンバスターを決めて勝利した。

試合後、竹下はマイクを取ると「皆さん、DDTとのコラボレーションどうでしたか? ボートレースは水上の格闘技ということで、僕たちプロレスとの相性もバッチリだったと思うので、あとは次のレース、しっかり買ってるので、ボートレースでも勝って東京に帰りたいと思います!」と3連単①⑤④の一点勝負で500円購入した舟券を誇示していたが、結果は①②③だった。残念!

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、大量の写真をアップ!
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中!