DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【ベストウェスタンラリアットシリーズ2017年末シャンデリアプロレス最終戦 in レンブラントホテル東京町田のまとめ】KO-Dタッグ前哨戦で遠藤がHARASHIMAに不知火!/今年最後のホテルプロレスはALL OUTが締めくくる! NωA&樋口の歌に平田のダンスに大騒ぎ!/ディーノ、今回は営業部長とのスイートルーム宿泊を勝ち取る!

3日、東京・ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田にて「ベストウェスタンラリアットシリーズ2017年末シャンデリアプロレス最終戦 in レンブラントホテル東京町田」がおこなわれた。

今林久弥APの前説では開催に尽力していただいたレンブラントホテル東京町田の田川営業部長が呼び込まれて挨拶。2017年のホテルのイベントとしては1月のDDTプロレスからスタートし、今回のDDTプロレスで終了となり、さらに会場に設置されたシャンデリアも来年2月に改装。その改装案として「男色Pに捧げるタマタマシャンデリア」を提案しているという。さらに乾杯に赤井沙希が登場して話していると、背後から男色ディーノが忍び寄って田川営業部長にリップロックを食らわせてKOしてしまう。「今日私達スイート泊まるんでしょ? 私が勝てば泊まる権利がありますよ」と言い張っていると、対戦相手の島谷が飛び込んできて「スイートルーム? そんなことさせねえぞ。スイートルームには美味しいディナーがたくさん出て、夜景もきれい。Wi-Fiも通る!」とディーノに言い返していたが「なんならスイートルームで素敵な夜…」と赤井に熱視線。ディーノ「どういうこと?」島谷「まあまあ…俺たちが勝ったら、俺たちがスイートルームに一泊させてもらう!」今林APが田川さんに確認を取るも無反応だったが「それでいいみたいなんで」と承諾。最後は3人で「ベストウェスタンレンブラントホテル東京町田大会スタート! 乾杯!」とコールした。

第1試合は樋口和貞&勝俣瞬馬vs高木三四郎&平田一喜のタッグマッチ。NωAはMAOではなく樋口が紫担当で登場しネバギバ入場。平田のダンス入場を樋口&勝俣がカットしてストンピング。高木やセコンドも含めてストンピングを投下していると平田が「オマエらがなんなんだよ!」と地団太。周りはジャンプ。平田がローンバトル。勝俣にラリアットを打ち込んでようやく高木とタッチ。勝俣はセカンドロープを踏み切って向き直り式のドロップキック。さらに樋口が襲い掛かるも高木がぶっこ抜き雪崩式ブレーンバスターで反撃する。スピコリドライバーを狙ったところで平田がシャシャリ出てタッチを要求。高木が応じてしまうと平田が出ていったが樋口のビッグブーツでダウン。それでも手刀でやり返し、高木には割り箸でブロックされたが、反対の腕で手刀で黙らせる。平田がメガネを装着してダンスもすぐさま樋口が止めてメガネを装着しダンス。阻止せんとする平田を変形カナディアン・バックブリーカーで捕獲し、ギブアップさせた。試合後、樋口がマイクを取ってアイドルらしく振舞って「乾杯!」で締めた。

第2試合はKUDO&坂口征夫&梅田公太vs石井慧介&レッカ&渡瀬瑞基の6人タッグマッチ。なぜかテンションの高いレッカが一人気を吐いていたが早くもガス欠。それでも坂口にドロップキックを決めてピンチを抜け出すと石井がミサイルキック。ローリングセントーンで続くも坂口が払い腰でやり返し、ローキックからKUDOが出てきて8×4。ダイビング・ダブルニーアタックはカウント2。石井はバズソーキックをかわして変形のチキンウイングフェースロックでやり返したが梅田がカット。戦況は梅田vs渡瀬に。渡瀬が顔面ウォッシュ。さらに石井と渡瀬の合体ダブルニードロップから一人気を吐くレッカが気功での正拳突きを試みるも渡瀬、石井に連続誤爆。孤立した渡瀬に坂口が串刺しニー、KUDOの地獄の断頭台から渡瀬が串刺し低空ドロップキックを決めて勝利した。試合後、梅田の音頭で酒盛り締め。

第3試合は高梨将弘vsMAOのシングルマッチ。NωAは『ωe are the HERO』入場。高梨はドロップキックで場外に出されたが、追っかけてきたMAOを見てすぐにリングに戻るや、レフェリーのブラインドを突いてMAOの跨ごうとしたロープを蹴って急所攻撃。吊り天井を成功させて喝采を浴びる。MAOはグルグルパンチをかわして飛びつきギロチン。ダイビング・ボディーアタックも決めたがカウント2。ハリウッドスタープレスもカウント2で返されるとスクリューハイキックはかわされてしまう。高梨がMAOを木曽レフェリーにぶつける。トラースキックから木曽レフェリーがダウンしているのを見て急所へのニードロップ。木曽レフェリーを起こして丸め込んで3カウント。試合後はKUDOの音頭で酒盛り締め。

第4試合は男色ディーノ&大石真翔&チェリーvs大鷲透&島谷常寛&赤井沙希の6人タッグマッチ。ディーノが島谷に男色殺法。リップロックはかわしてショルダーアタックを見舞うと赤井に向けてマッチョポーズ。しかしその背後を襲われ、その後はタッチワークに捕まってしまう。さらにチェリーには「ババア」と言ってしまってマウントエルボーを食らってしまう。それでもドロップキックで返して赤井とタッチ。赤井が一気呵成の攻め。チェリーも赤井の上にディーノを置いてまとめてフットスタンプ。赤井もやり返して戦況は大石vs大鷲に。大鷲がビッグブーツを決めると赤井と連係。すると島谷が大鷲に替われと排除して赤井と連係を試みる。島谷が大石を羽交い絞め。赤井がビッグブーツも大石が回避。赤井はかまわずビッグブーツを島谷に炸裂させる。大石は赤井を排除して島谷をディーノの地獄門に吸い込ませる。しかしカバーは大鷲がカット。大石が泣いて諦めようとするとチェリーが檄。「新世紀の花を咲かせるんだ!」とケツを出させてラフレシアの花の体勢に。そこに大鷲、赤井を挟み込ませたが、島谷によってチェリーもラフレシアの花の餌食に。島谷がフィニッシュを狙ってコーナーに登るとディーノがリップロックでカットしてデッドリードライブ。最後は男色ドライバーで仕留めた。

試合後、大石が田川営業部長を呼び込むと「ここに素敵なカップルが誕生しました。今日最高のスイートルームでスイートな時間を過ごすことでしょう」と言うと「お任せ」コールを発生させる。唇を突き出すディーノに異を決した田川さんがキス。場内に平井堅の『KISS OF LIFE』が流れる中、キスをしている2人をバックに「乾杯」をしてハッピーエンド。

セミファイナルはHARASHIMA&高尾蒼馬&アントーニオ本多vs佐々木大輔&遠藤哲哉&マッド・ポーリーの6人タッグマッチ。DAMNATIONの奇襲でスタートして激しい場外戦。リングに戻るとアントンがキャンバスに躓いてしまってヒザのお皿がヒザのお皿の状態でなくなってしまったのでギブアップする前に昨日徹夜で考えてきた創作昔話「ごんぎつね」を話してギブアップすることに。しかし内容は「レンブラントホテル」ではなく「チンブラーントホテル」で、サミングも佐々木にブロックされて高尾、HARASHIMA、自分に被弾してしまう。高尾はカウンターのドロップキックで遠藤に反撃すると替わったHARASHIMAが雪崩式ブレーンバスターで続く。遠藤も佐々木のアシストでブレーンバスターで返す。さらにDAMNATIONの総攻撃。しかし遠藤のポーリーの背中からのムーンサルトはHARASHIMAが剣山。高尾がフットスタンプでカットに入る。ポーリーがアントンにテーズプレス。替わった佐々木にアントンがニーアッパー。高尾のフェースクラッシャー↓HARASHIMAのスワンダイブ式ボディープレス→アントンのエルボードロップはDAMNATIONがカット。アントンのダイビング・フィストドロップは佐々木が剣山。すぐさま遠藤がスワンダイブ式エルボー。続いて佐々木がダイビング・エルボードロップ。このカットに入ったHARASHIMAに遠藤がなんと不知火。リング内では孤立したアントンに佐々木がミスティカ式クロスフェースを決めてギブアップさせた。試合後、佐々木がマイクを取ると「せっかく町田まで来たんだから酒飲ませろ」と言うとポーリーにはお酒に手を付けさせず、遠藤とともに吐き捨てるように「乾杯」。

メインイベントは竹下幸之介&彰人vs入江茂弘&岩崎孝樹のタッグマッチ。序盤から激しい場外戦。岩崎が彰人に花道でのサッカーボールキックを決めていく。リングに戻ると彰人がローンバトル。入江のスリーパーを耐えた彰人はボディースラムで投げ切ってようやく竹下とタッチ。竹下が入江にベリー・トゥ・ベリー。入江もカウンターのデスバレーでやり返すとパワーボム狙い。竹下がリバースショルダー。ブレーンバスターの投げ合いからラリアットは相打ち。竹下がニーアタックを出せば入江も頭突きを繰り出して戦況は彰人vs岩崎に。彰人は岩崎に俵返しからダブルアーム・スープレックス。岩崎も彰人にバックドロップを決めると入江がフライング・ソーセージで続く。彰人は足4の字でやり返したが、入江がテディベアでカット。竹下がミサイルキックで飛び込むと彰人がモアイ・オブ・イースター。竹下と入江のラリアットは相打ち。彰人のMAO殺しから竹下がニーアタックで続く。このカバーは入江がカット。岩崎の大車輪キックを食らった竹下だったが、ラリアットでねじ伏せるとサプライズローズでピンフォール。

試合後、竹下がマイクを取る。竹下「町田大会はお祭りモードで楽しいし、岩崎も強いけど僕の闘いたい相手は入江茂弘なので、次のD王はエントリーされてないみたいだけど、僕がこのベルトを持ち続ける限り、絶対にシングル実現させますから皆さん楽しみにしといてください」彰人「岩崎の野郎、ボコボコ蹴りやがって! あんな人をボコボコ蹴るなんてリング上じゃなきゃ暴行罪だよ(笑)。俺は人のこと殴らないからね、蹴らないからね。チクショー。痛いよ、アイツ(笑)。リング内でどんどん人を蹴らして逮捕してやるよ」竹下「毎試合勝った人が乾杯しているみたいなんで、僕らも乾杯したいと思います。町田大会たくさんのご来場ありがとうございます! 来年も開催できるよう僕らも頑張るし、そのためには皆さんも一杯でも多く飲んで売り上げに協力してください(笑)。今日という日に乾杯!」その後、歓談を挟んでNωA&樋口が『Going my ωay』を熱唱するも平田がカット。一緒に踊りたいと懇願して5人で『TOKYO GO』でダンス。最後は樋口の「ひー、ふー、みー、どすこい!」の唱和で今年最後のホテルプロレスを締めくくった。

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、全試合の詳報と、大量の写真をアップ!
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中!