DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【ドラマティックやっちゃるばい!2017のまとめ】梅田が地元凱旋試合を自らの手で勝利! 酒呑童子が明日のKO-D6人タッグ王座奪取を誓う! 対する王者組のALL OUTは“変わった”ディエゴがアントンをクロスフェース葬!「明日もチャンスがあれば使いたい」(ディエゴ)

9日、熊本・熊本森都心プラザにて「ドラマティックやっちゃるばい!2017」がおこなわれた。試合前の今林久弥APの前説には地元出身の梅田公太が登場。「熊本大会、いつも以上に気合いを入れて頑張るので応援よろしくお願いします!」と挨拶すると「熊本大会始まるばーい!」とオープニングコール。

第3試合は男色ディーノvs下村大樹のシングルマッチ。試合前にディーノはDDTの悩める若手とぶつかって悩みを解決していると言い、下村に悩みを問いかけるも「特にありません」。「何か作れよ」と小声で指示するも返ってきた答えは「特にありません」。困ったディーノは「モテたいとかあるでしょ?」と無理やり悩みを作って試合をスタートさせた。男色殺法に捕まった下村に、急所攻撃も「プロデューサー権限で反則になりません」(ディーノ)とさらなる追い打ち。ピンチの続いた下村だったが、コーナーに登ったディーノにロープを揺らして急所へ痛打させた下村だったが、ケブラーダはディーノが阻止してエプロンでのナイトメア。ディーノがコーナーに登るも下村が蹴ってコーナーでの急所打ちに成功。ローブロー連打からケツへのミサイルキックも決めたがカウント2。下村のローブローを男色アップで耐えたディーノはミサイルキックも受け止めてホモイェ。レインメーカー式リップロック→ファイト一発!→男色ドライバーと畳かけてフォール勝ち。

試合後、ディーノがマイクを取る。ディーノ「下村青年、アンタのモテない理由がわかったわ。プロレスラーって基本モテたりするじゃない。それってアンタが思っているのと違うのよ。プロレスって私もわかんないことがいっぱいあるけど、今のところ振り返ってみるに、アンタみたいにモテよう、モテようとして何かやるんじゃなくて、相手がどう思うか、見てるお客さんがどう思うか、それをわかったうえで自分の芯を一本立てて。アンタはまだまだモテたい気持ちが強すぎて、自分のやりたいことしかやってない。これをやったら相手やお客さんがどう見るのか、そこまで考えてないからダメなのよ。私ぐらいになるとアンタが何を考えているのか、すぐにわかるわ。今、アンタ私に対してどう思っているのか言ってみなさい」下村「嫌いです」ディーノ「……え?」下村「大嫌いです!」ディーノ「それは私が試合終わってカッコいいことを言うところまででしょ? ありがたい話を聞いてその上でどう思うか聞かせてちょうだい」下村「試合するまでは気持ち悪いって思ってましたけど、今日試合をして改めてすげえ気持ち悪かったです。これからはPに言われた通り相手のことやお客さんのことを考えて試合していきたいと思います」ディーノ「……フラれたことになる? 大丈夫です。私はこれからも若い者にDDTの心を伝えていきたいと思います。……なんでだろう。まぶしいなあ。これからも下村大樹の行く末を見守り下さい」

第4試合は竹下幸之介&彰人vsKUDO&渡瀬瑞基のタッグマッチ。始めはドロップキックで攻め込んだ渡瀬だが、竹下のラリアットで急ブレーキ。しばらく捕まったが延髄斬りで打開してようやくKUDOとスイッチ。KUDOは2人まとめてトップロープ越えのダブルニーアタックを繰り出すなど躍動。ALL OUTの連係も分断して渡瀬と連係攻撃。バズソーキックからカバーするも竹下がカット。8×4からのダイビング・ダブルニーアタックはカウント2で返される。彰人はモアイ・オブ・イースター。彰人の足4の字は渡瀬がミサイルキックでカット。替わった渡瀬が顔面ウォッシュ。彰人も竹下との連係を決めてスイッチ。竹下のドラゴン狙いをアームホイップで切り返した渡瀬は延髄斬りからバックドロップ狙い。耐えた竹下が巻き込み式のエビ固め。そこから強烈なエルボー。垂直落下式ブレーンバスターで勝利した。

第5試合はアントーニオ本多vsディエゴのシングルマッチ。アントンはディエゴを場外に出してエプロンに叩きつける。しかしリングに戻る際にサードロープに足を引っ掛けて転倒してしまい、メンタルがやられて号泣。ギブアップする前に昨日徹夜で考えてきた昔話「ごんぎつね」を披露するも内容は「くまモン」ではなく「タマキン」という下ネタな上、発音と「ン」しか合っていない始末。それでもサミングは成功。アントンのダイビング・フィストドロップは剣山で返されたが、スリーパー、さらにニーアッパーを決めるやTTD。しかしダブルダウン。起き上がった両者のナックルの打ち合いからアントンがトラースキックを放てば、ディエゴがラリアットで返していく。VHSはカウント2で返されるや、すぐさま東郷譲りのクロスフェースに繋いでギブアップを奪った。

試合後、ディエゴがマイクを取る。ディエゴ「熊本の皆さんこんばんわ。今日熊本初めてですよ。くまモンどこにいますか? 会いたいよ。そのために来たんだもの。そして明日すごく大事な試合があります。ALL OUTvs酒呑童子、そしてチリ帰る前、ALL OUTのみんなで最後までベルトを守りたいと思ってます。だから明日、竹下さん、彰人さん、熊本さん。明日4人で最後まで頑張りましょう!」

【試合後のコメント】
ディエゴ 今日勝ちましたよ。見たでしょ? 2人は「いつも同じことやってる」「いつも負けてる」「全然変わってない」と言われたけど、今日勝ちましたよ。そして前の東郷さんとの試合でメチャクチャ頑張りましたよ。2人、セコンド付いてくれたでしょ? どう思った?
彰人 ディエゴはあそこで何かを掴んだんだよ。
竹下 変わったと思いました。
ディエゴ そして今日の試合見てどう思いました?
彰人 変わった。
竹下 変わった。
ディエゴ そして明日何か起こるか、知ってるでしょ? このALL OUT、僕は変わってきた。時間がないですけど、彰人さんと竹下さん、3人で力合わせて絶対負けないと思ってます。

――クロスフェースの感触は?
ディエゴ 東郷さんにクロスフェース使っていいと言われて、今日が出すチャンスだと思った。
彰人 頑張ってレクチャーしてもらって。
ディエゴ いつも使っていきたいです。明日もチャンスがあれば使ってベルトを守ります。

アントン 前回彼が一時的に帰国した時も最後に春日部で試合をさせてもらって。ボリビアの時にディエゴと出会って、それ以来の私とディエゴの親密性みたいなものをわかって会社がカードを組んでくれたんだと思います。そのカードに対しては感謝を感じています。実感が沸かないですね、彼が去ってしまうことに。でもこうして試合することができてよかったです。彼はこうして私を倒して、それがいい思い出として残れば。私のほうに話を移すと、非常に最近は負けが込んでいまして、なかなか難しい時期にあると思うんですけど、この間(映画の)『ジャスティス・リーグ』という…いきなりネタばれいきますけど、なぜスーパーマンがあれだけの光を放ち、人類の精神的支柱として復活できたのか。それは彼が一度土に埋まったからです。アントーニオ本多が何度も土に埋まって、その瞬間を皆さん期待しててください。バイバイ・ベイビー。

メインイベントはHARASHIMA&高尾蒼馬&岩崎孝樹vs坂口征夫&高梨将弘&梅田公太の6人タッグマッチ。地元の梅田が先発を買うと場内大歓声。HARASHIMAを相手に渡りあっていく。続いて高梨vs高尾、坂口vs岩崎と戦況は移っていって、岩崎のキチンシンクから梅田がHARASHIMAの厳しい攻めに遭って捕まってしまう。HARASHIMAの雪崩式ブレーンバスターを食らった梅田だが、続くファルコンアローを踏ん張るとドロップキックで返してようやく坂口とタッチ。坂口が盛り返していくも払い腰からのローキックはHARASHIMAが下から蹴り上げて阻止。続いて高尾がダイビング・フットスタンプ。坂口がかわしてランニング・ミドル。替わった高梨がドロップキック。高尾がコードブレーカーでやり返すと背中にダイビング・フットスタンプ。ランニングエルボーはカウント2止まり。戦況は梅田vs岩崎。ミドルキックのラリーを梅田が制すと坂口とダブルのローキック。HARASHIMAがまとめてドロップキックを食らわせて排除し、梅田に串刺し攻撃。高尾のフェースクラッシャー→HARASHIMAのスワンダイブ式ボディープレス→岩崎のローキックは坂口と高梨がカット。岩崎の大車輪キックをカウント2で返した梅田は垂直落下式ブレーンバスターのピンチも坂口がジャンピングミドルでカット。高梨が岩崎を腹ばいにして坂口が串刺しのニーリフト。梅田が串刺しドロップキックで続いてハイキック。最後は梅田ドライバー(仮)につないで勝負あり。

試合後、梅田がマイクを取る。「勝ちましたー! こんなにたくさんのお客さんが来てくれたおかげで今日頑張れました。ありがとうございました! 今日は熊本で明日は博多でタイトルマッチなので、兄弟たちがそのベルトを獲ってくれると思います。またこうやって1年以上ぶり熊本に帰ってこれて最高です。次は兄弟たちだけでなく俺がベルトを持ってきますので、またよろしくお願いします!」最後に高梨に促されて梅田が「熊本の皆さんと酒盛りだー!」と締めくくった。

【試合後のコメント】
高梨 俺たちが1年間待っていた狂犬だよ。この土地で勝利を挙げて、エールを送られて、明日のタイトルマッチ獲ってくれって。今日の狂犬を見せられて、その期待に応えないわけいかねえだろ。
梅田 欠場を1年以上して熊本帰ってこれて勝って。でも今日勝てたのは兄弟たちが明日タイトルマッチがあって、俺一人だけ置いて行かれちゃダメだって。明日は兄弟、でも次は自分が何かしらタイトルを熊本に持って帰りたい。
KUDO 今日は梅田が頑張ったんで、俺らが明日頑張らないといけないし、必ずベルトを獲って4人で酒盛りします。
坂口 ぶっ殺してやるからな。
高梨 そういうことだ! 以上!

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、全試合の詳報と、大量の写真をアップ!
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中!