DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【D王 GRAND PRIX 2018 in YOKOHAMAのまとめ】D王GP2018は後半戦に突入! 佐々木がDAMNATION対決を制す! 巨人狩りに成功してBブロック首位タイで堂々の優勝宣言!/KO-D無差別級王者・竹下は高梨に足元を掬われ自力優勝が消滅!/イケメンは石井に勝利して優勝戦線に踏みとどまる!

11日、神奈川・横浜ラジアントホールにて「D王 GRAND PRIX 2018 in YOKOHAMA」がおこなわれた。第1試合は遠藤哲哉vsジョーイ・ライアンのAブロック公式リーグ戦。ライアンは今日も紙テープが飛んで大喜び。遠藤はチ●コ投げ対策で手袋をはめたが効果なし。すぐさまロープに逃げるとロックアップからライアンを場外へと落として鉄柱にぶつけていく。リングに戻して遠藤はエルボードロップからチンロック。遠藤はマンハッタンドロップを放つも逆にヒザを痛めてしまうと、リング下に落とされてライアンのトペ・スイシーダを食らってしまう。ライアンはリングに遠藤を戻してスパインバスター。ロリポップキャンディーはTシャツでブロックした遠藤がゆりかもめ。するとライアンがロリポップキャンディーを口に突っ込み、さらにチ●コ投げ。遠藤はハンドスプリングで回避してブレーンバスター。しかしカウント2。コーナーに登るとライアンがナックルパンチ。さらに2本目のロリポップキャンディーから雪崩式チ●コ投げ。ライアンが続いてコーナー2段目からムーンサルト・プレスを放つもかわされてしまう。遠藤はハンドスプリング・オーバーヘッドキックからくわえてしたロリポップキャンディーを逆にライアンの口に突っ込むと旋回式トーチャーラックボム。最後はシューティングスターを浴びせて3カウント。遠藤は負けなしの単独トップに躍り出た。

【試合後のコメント】
ライアン 今日も負けてしまって、もうアメリカに帰りたい気分だよ。でもまだリーグ戦が残っているから頑張るよ……。

遠藤 キツイぞ。精神的にキツイぞ。でもあいつ海外の大物? インディーの大物なんだろ。あいつに勝ったんだから給料上げてくれよ、社長さんよ。1億の次は2億だ。年俸2億だ。以上。

第2試合は高尾蒼馬vs彰人のBブロック公式リーグ戦。腕の取り合いから高尾がアームホイップ。ギロチンドロップやエルボー、ボディースラムからバックブリーカーとペースを握る。弓矢固めや足取りのキャメルクラッチ、逆片エビと捕まえ続ける。高尾はなんとかエスケープ。高尾はカウンターのドロップキックでようやく反撃開始。背中へのダイビング・フットスタンプはカウント2。腹部へのエルボーからランニングエルボーと決めるがカウント2で返される。コーナーに登った高尾を彰人がデッドリードライブ。彰人は俵返しもカウント2。ダブルアームの体勢は高尾が踏ん張ってエルボー。彰人もエルボーの腕を取ってダブルアーム式バックブリーカー。ハナマサは高尾がかわして丸め込むもカウント2。エンドレスワルツは彰人が切り返して逆エビ固め。高尾も抜け出して丸め込むと顔面トラースキック。彰人のハナマサは高尾がかわしてコーナーに叩きつけるとそのままジントニックに持ち込んで3カウント。

【試合後のコメント】
――彰人選手に勝利して2勝2敗と五分になりました。
高尾 そうですね。自分もうここで負けてはいけない試合で…彰人さんだったら尚更負けられない試合でした。彰人さん、もうあの人は3敗やってるんでしたっけ? 人の足を引っ張ろうっていう、そういう執念がすごい来ました。ただね、そこを何とか退けたんで良かったです。彰人さんが腰攻めっていうまた新しいことをやってきたんですが、何とか勝てました。このままもう負けられないんで頑張ります!

――これで4敗目となってしまいましたので、かなり苦しい……。
彰人 いや、もう苦しいも何も(決勝進出は)ダメでしょ! チクショウ。D王、甘くないっすねぇ。あと1個ですか、僕。清水で坂口。坂口征夫は決勝にいくチャンスは残っているんですかね? まあ今日の結果次第かもしれないですけど。いや、坂口征夫は僕のおもちゃなんで。おもちゃを壊さない程度に遊んで、リーグ戦最後白星勝ち取って……まあ良くはないですけど、白星で終わりたいですね。

第3試合は石井慧介vs黒潮“イケメン”二郎のAブロック公式リーグ戦。今宵のイケメンの入場は二番まで。イケメンは握手を求める石井も応じるが、イケメンが前蹴り。これは石井も読んでガットショット。イケメンもアームホイップ、リバースショルダーからのジャケット見せとペースを握る。リングインしようとした石井をスライディングキックで場外に落としたイケメン。プランチャはかわされるも、石井を鉄柱越しに痛めつける。石井は突っ込んできたイケメンを鉄柱にぶつけると、エプロンにイケメンを何度も痛めつけ、さらに顔面フロントハイキック。場外に逃げたイケメンにgo 2 エプロン sleepを決める。石井はヘッドロックで絞っていく。イケメンはロープエスケープ。5分経過、イケメンは向かってきた石井をファイアーマンキャリーで投げるとすかさずフットスタンプ。さらに左脚にローキック連打。イケメンはカンガルークラッチから急所に頭突き。さらにバズソーキック。スワントーンボムはカウント2止まり。石井もコーナーに投げられるもイケメンをかわして投げ捨てジャーマン。石井は野球チョップ、ジャンピングハイからランニングニーアタック、フィッシャーマンと畳み掛けるがカウント2。タイガーSHの体勢はイケメンが拒否。カウンターの飛びヒザ蹴りからイケメンがランニングニー。カウント2で返されるとムーンサルトへ。石井が剣山で迎撃してカンガルーキック。タイガーSHはカウント2。イケメンもイケメン落としでやり返すがカウント2。最後はムーンサルト2連発でフィニッシュ。イケメンは優勝戦線に踏みとどまった。

【試合後のコメント】
石井 ホント、こうやって…最初調子良くても思い通りいかねぇのが自分かなって。情けない気持ちですよ! ただ、まあ今日の相手、ハッキリ言って…向こうもだと思うけど、こっちも別に興味なかったし。ちゃんと試合も見たことなかったし、興味もなかったんだけど、やってみて…いや、すごい…本当にすごい実力者だと思ったし。まあ、またやるときはあると思ってますよ。まあね、2敗してしてしまったけど、俺は開幕戦でも言った通りHARASHIMA、竹下、遠藤にだけは負けない! その残りがあと遠藤、竹下。ここをものにして…ものにすれば決勝行けるんじゃないかって信じて待ちますよ。まずあの二人を倒す! 以上です。

――首をだいぶ攻められましたが、石井選手に勝利しました。
イケメン いや、明日試合なくて良かった……。これ明日くるやつだよ。全日本の世界ジュニア(元王者)ですもんね。とりあえず攻めがねちっこい。あんなのずっと食らってたら、勝てる・勝てないじゃなくて、明日過ごせねぇよ。まあ今日、俺は生き延びました! あとは1回、ジョーイ・ライアン! あとはいま点を持っている奴が負けることを願って。フィニッシュ。

第4試合は坂口征夫vsマイク・ベイリーのBブロック公式リーグ戦。蹴りの探りあいから坂口がヒザ蹴り。ベイリーは場外エスケープして一呼吸。坂口はリングに戻ったベイリーに執拗にボディーブロー。テイクダウンを奪うとここからグラウンドの攻防。坂口が背中に飛び乗ってスリーパー。ベイリーは起き上がって場外に落ちて解除。両者エプロンに上がってミドルのラリー。坂口がリング下にベイリーを落としてエプロンPK。リングに戻すと腕十字を仕掛ける。抵抗するベイリーに三角絞め。ベイリーはなんとかコーナーに逃げてエスケープ。神の右膝をかわしたベイリーだったが、串刺しミドルは坂口に回避されてしまう。ミドルもハイキックも相打ちになって両者ダウン。ベイリーは坂口を場外に落として三角跳びケブラーダ。リングに戻してアルティマウェポンも坂口がかわしてスリーパー。押さえ込むベイリーだがカウント2で返した坂口がハイキック。ベイリーもハイキックで返したが、大の字の坂口の上に倒れこむ。これはカウント2。ベイリーはその場跳びムーンサルト・ダブルニー。直後にバズソーキックをズバりと決めると坂口が崩れる。そのまま押さえ込んで3カウント。

【試合後のコメント】
坂口 何だ……何が起きたんだか分からねぇや。なあ。ダメージが抜けないっていうか、何か歯車が違うんだよな。今日、俺が弱くてベイリーが強かったのか分かんねぇよ。分かんねぇ。分かんねぇよ……。

――これで2勝2敗の五分になりました。
ベイリー グッド!
――すごい蹴り合いでしたが、坂口選手との試合はどうでしたか。
ベイリー 坂口はすごい蹴りだし、素晴らしい選手だよ! 今回のリーグ戦に出ている選手、全員すごい選手だから早く終わらせたいよ。
ー―早く終わらせたい? それだけこのリーグ戦はハードってことですか。
ベイリー 竹下は今のDDTのチャンピオンでナンバーワンだろ。その竹下が全勝じゃないんだよ。それだけこのリーグ戦がハードってことだよ(苦笑)。

休憩明け、NωAが『Going my ωay』を一番のみ歌うライブをおこなった。

セミファイナルは竹下幸之介vs高梨将弘のAブロック公式リーグ戦。高梨はダメージを引きずる竹下の左脚を攻める。竹下もブレーンバスターを決める。竹下はバックブリーカーから背中にエルボーを打ち込んで腰攻め。5分経過、竹下がカナディアン・バックブリーカー・ドロップ。苦しい高梨はサミング。「負けてたまるか!」と竹下のブレーンバスターをDDTで切り返してみせる。竹下はブルーサンダーを堪えられるとターンバックル・パワーボム。高梨もランニング・レッグラリアットでやり返す。竹下はバックブリーカーからウォール・オブ・タケシタ。決めきれないと丸め込みの応酬からニーアタック。高梨は丸め込み、竹下もブルーサンダーでやり返す。高梨のタカタニック狙いは竹下が封じて垂直落下式ブレーンバスター。ジャーマンは高梨が堪えてトラースキック。竹下はコーナーへのフラップジャックから串刺しビッグブーツ。仕上げにかかった竹下だったが、高梨が腕を取るとバッカスから再度の丸め込んで3カウント。これで竹下は自力優勝が消滅した。

【試合後のコメント】
――昨日「油断しなければ絶対に勝てる」と言っていた高梨選手ですが。
竹下 ……可能性、残されてますかね?
――まだ……。
竹下 ゼロじゃない?
――そうですね。直接対決の結果とかもありますから。
竹下 可能性はある? まあ可能性がある限りは……だって後楽園の日に出場者全員、インフルエンザになるかもしれないでしょ! 僕だけインフルエンザにならなかったら優勝でしょ、僕!
――そ、そうですかね……。
竹下 そうでしょ! よし! いやぁ僕、自信に満ち溢れてますよ! まだ優勝の可能性があるってことは。見ておけよオイ! 俺が絶対な、チャンピオンとして第1回D王GP、優勝したるからな! 楽しみにしておけよ! フ●ック!

高梨 ノーコメントだ!(足早に去る)

メインイベントは石川修司vs佐々木大輔のBブロック公式リーグ戦。始まると同時に石川が大の字。佐々木が押さえ込むも石川は肩をあげたばかりか、丸め込む始末。怒った佐々木が「やんのか?」、石川は「すいません、やります」。佐々木はTシャツを石川に叩きつけて向かっていったが、ニーリフトで悶絶。石川は追撃のニーリフトからボディーシザース。佐々木がロープに逃げる。石川はストマックブロック。「カリスマ、さよなら」とジャイアントフットスタンプもカウント2。佐々木も突っ込んできた石川を場外に落とすとトペ・スイシーダで反撃。先にリングに戻った佐々木はコーナーポストを外して、金具むき出しのコーナーに石川をぶつけていく。さらにダイビング・ラリアットからDDT。続くダイビングエルボーは石川がかわしてランニングニーリフト。これはカウント2。「カリスマ、さよなら!」とスプラッシュマウンテンの体勢も、佐々木がフェースロックで切り返す。苦しい石川は思わずコーナーへ。コーナーに登った佐々木を石川が追いかける。佐々木が抜け出してコーナーにぶつけるも、石川はカウンターのラリアット。佐々木は「やれんのか?」とリング下からイスを持ち込む。石川は「すいません、やります」とリング下からイスを持ち込んでイスチャンバラ。イスを振るう石川を石川がそれごと掌底でフッ飛ばす。場外でイスを設置した石川がエプロンから佐々木を投げんとするが、かわした佐々木がリングに戻ってスピア。石川も金具むき出しのコーナーに佐々木を投げあて、「さよなら!」と背中にダイビング・フットスタンプ。石川はハイジャックで佐々木を投げようとするが、佐々木は回避。佐々木は石川を金具むき出しのコーナーにぶつけるとドロップキック。エプロンに出た石川は佐々木をブレーンバスターで投げようとする。佐々木はスタナーで止めて回転エビ固めの要領で石川をリング下のイスに叩きつけた。先にリングに戻ったのは佐々木。生還した石川にミスティカ式クロスフェース。石川はロープエスケープ。佐々木はイス盛りをつくるとその上へのぺディグリー狙い。石川がショルダーリバースし、さらに投げ捨てジャーマン。「カリスマ、さよなら」とファイアーサンダー。佐々木はリバースDDTで切り返すと15分経過。佐々木はさらにイスを手にして3連発で殴打。コーナーに登る佐々木に、石川が底の抜けて首に引っかかったイスを投げ当てると、さらにイスの上のへの雪崩式ブレーンバスター。これを返した佐々木は続くラリアットもカウント2。スプラッシュマウンテンの体勢は佐々木がウラカンラナで切り返し、電光石火の3カウント。巨人退治に成功した佐々木は石川と並んで首位タイに。

試合後、佐々木がマイクを取る。「石川“エイドリアン”修司、残念だったな。(退場しようとする石川に)オマエ、戻ってこいよ。オマエは確かに強いな。俺の体はもうダメだ。オマエが三冠を取っても世界タッグを取っても、俺にはかなわねえ! 入れ! よく聞け! もう二度と俺にさからうんじゃねえ」石川「はい」佐々木「テツヤ、オマエも入れよ。(石川に)おい、汗かきすぎなんだよ! テツヤ、見てただろ? 俺のほうがはるかに強い。DAMNATION同士で闘うのは今日で最後だ。もしかしたら決勝で当たるかもな。そうしたら殺し合い。今日以上にやれ! (なにやら話す石川と遠藤に)黙って聞け! 今日一つ証明したぞ。石川“エイドリアン”修司、ヘビー級だな。ヘビー級に勝った俺は168㎝、80㎏、今日からヘビー級だ! D王グランプリ、間違いなく俺が優勝する。そしてプロレス界よく聞け! ここに最強で最高のカリスマ佐々木大輔がいる! 腕に自信があるやつはどんどん名乗りあげろよ。コイツみたいに返り討ちにしてやるよ! 大丈夫、オマエは俺の次に強い。テツヤもそれぐらい強い。ポーリーも同じぐらい強い。いいか、よく聞け! 俺たちがDAMNATIONだ! 俺たちは群れない・媚びない・結婚しない! よく聞け、プロレス界。俺たちがここにいるぞ! このプロレス界は俺たちDAMNATION中心に回ってんだ。覚えておけ!」

【試合後のコメント】
石川 まあ全勝優勝するつもりだったので。まあカリスマはカリスマだなと。はい。ちょっと二代目リーダーはまた……でも、まあ同じユニット対決はあまりしたくないですね。またやると今回以上にエグくなると思うんで。でもまだ1敗なんでね。優勝の芽はあると思うんで。あとはもう今回唯一の憂いはこのカリスマ戦だったんで。あとはもう残り二つ勝って、自分が決勝のリングで優勝したいと思います。
――心理的にも今日はいつもと違った?
石川 そうっすね。しばらくDDTに出ていなかったお陰で、最初も何とか返すことができたなって。あれが他のリングに上がっていなかったらたぶんスリーカウント…本当に3秒くらいで終わっていた。お客さんから「金返せ」コールが起こっていたかもしれないですね。それを何とか防げたんですけど、まだちょっと……ちょっとリーダーとしての意気込みも、僕よりも(佐々木のほうが)気迫があったと思うので。そこも含めて完敗です。

佐々木 (控室へ行こうとする石川に)オイ、ちょっと待て! 戻れ。俺とお前はどっちが強いか言ってみろ!
石川 佐々木大輔さんです。
佐々木 おーし! よし、いいぞ。帰っていいぞ。
石川 ワハハハハハハ(控室へ)。
佐々木 聞いたかお前ら! 今日見ていただろうが。証明してやったぞ、この俺が最高で最強だってことを。あとはリング上で言った通りだよ。何かあるか?

――昨日、予告していた3秒でっていうのはなりませんでしたが、改めて石川選手と対戦してみていかがでしたか。
佐々木 大したことねぇよ! 俺より強い奴はこの世にいねえ。俺に勝とうなんてよ、考えが甘いんだ。
――このままいけば決勝進出の可能性もありますが。
佐々木 もう見えたな。間違いなく、この俺が優勝する。
――そうなると優勝決定戦で遠藤選手と当たる可能性も結構高いですが。
佐々木 そしたらよ、仕方ねぇよ。リング上で言った通りだよ、殺し合いだよ。でもなテツヤはな、3秒あれば十分だ。
――それは今日のような感じで?
佐々木 そんなの見てみないと分からねぇだろ。先に言うか、お前!
――遠藤選手も優勝というか、賞金にすごく欲のあるコメントをしているので。
佐々木 そうか。……そうか。
――今日でプロレス界最強に躍り出た……。
佐々木 おう、証明しただろ。どう思うお前は。
――今後いかなる挑戦も受ける、と。
佐々木 おう。余計なことは言わねぇけどよ、誰でもいいよ。かかって来いよ。全員返り討ちだ。
――そのためにもまずはD王GPで優勝?
佐々木 優勝するのは、もうな俺だよ。決まってるんだよ。俺に挑戦したい奴がいるんだったらよ、夜道でもいいよ。酔っ払っているときは手を出すなよ。質問は? (DDT UNIVERSEの)カメラマン(をやっていた岩崎)、質問あるのかよ!
――昨日のコメントでガールズバーに行くと言ってましたが、感想を聞かせてください。
佐々木 練馬のガールズバーはよ、行っても記憶ないからな(苦笑)。お前、行って聞いてきてくれよ。カメラ持ってよ。「練馬の英雄がご来店なさいましたか?」って。
――分かりました。ちょっとチェックしていきます。
佐々木 そしたらよ「来ましたわよん」って言うからよ……何聞いてんだよ! 真面目にやれ! もう、いいか? よし!

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では全試合詳細と大量の写真をアップ!
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中!