DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【記者会見】ガンプロ5・7王子で大家&冨永vs健想&SAKAMOTOのタッグマッチが決定! 今成の対戦相手は当日発表X/鈴木大のデビュー4周年記念凱旋興行となるガンプロ宇都宮大会を発表。大家の「故郷に錦を飾りたくねえのか!」の問いに鈴木は「故郷に錦を飾りたいです!」

12日、都内・DDTプロレス事務所にてガンバレ☆プロレスが記者会見をおこなった。会見には大家健代表、今成夢人が出席。まずは5・7王子大会での大家健&冨永真一郎vs大家健想&KAZMA SAKAMOTOのタッグマッチが発表された。4・2王子で開催された世界最強ガンバレ☆タッグトーナメントにガンバレ・ザ・グレートとのチームで参加した大家だったが、決勝戦で健想&SAKAMOTOに敗退。本来であればガンバレ・ザ・グレートと組んでリベンジしたいところだが、突然現れた謎の選手だけに大家はグレートの連絡先を知らないという。「なんでその日にLINEの交換をしなかったんですか!」と今成に叱責された大家だが「謎の選手だし仕方ないだろ。じゃあ、オマエはタッグを組んだパートナーとは必ずLINEの交換してるのかよ!」と反論。とにかくパートナーは、準決勝でシン・ガンバレ☆プロレスに敗れた冨永真一郎を起用することに。大家は「ガンバレ☆プロレスといえば、大家健、そして冨永真一郎でしょうがっ! 旗揚げ戦からガンバレ☆プロレスに参戦している2人が組んで、元スーパースターの2人に勝つから意味があるんだよ。絶対に勝ちます。」と必勝を誓った。

続いて大家は世界最強ガンバレ☆タッグトーナメント、及び諦めません勝つまではタッグトーナメントで一日で3連敗した今成を大家は「どういうことなんだ!」と叱責。「俺は悪くない」と開き直る大家に「なんだ、その態度はっ!」と大家は机を叩いて激昂するが、今成も「パートナー(バンビ)のコンディションが悪かった。もっと太ってくれないと困る。あんな体重では俺の精神がピークに達しない」と態度を変えようとしない。大家が「5・7王子では、そんなお前の腐った根性を叩きなおしてやるための対戦相手を用意した」と告げると、今成は「大家健あるあるだな、負けた選手に試練を与えるというのは。いいよ、誰だよ。」と言い返す。大家は5・7を「今成vsX」と発表すると、今成は「Xってなんだよ。記号使ってるんじゃねえよ。当日までわからないんじゃ、対策も練れないだろ。」。しかし大家は「自分のコンディションがバッチリなら対策なんて必要ねえんだよ!」と突っぱねる。今成は「当日までに大家さんが考えそうな相手を6人くらいに絞って考えます。大丈夫、イメージはできている」と語った。
01
続いて大家は、DNAの鈴木大を会見に呼び込む。スーツ姿の鈴木が着席すると、大家の口から「重大な発表があります。2017年7月8日、栃木県総合文化センターサブホールでガンバレ☆プロレスが鈴木大デビュー4周年記念凱旋興行を開催します。」と発表された。しかし鈴木は聞いていなかったようで「どういうことですか…」と戸惑いの表情。大家は「オマエの出身地は栃木だよな。今度、ガンバレ☆プロレスが栃木で試合をやる。そういうことだよ」と落ち着いて語る。なおもピンと来ていない鈴木に、大家は「オマエもデビューして4年だろ。東京出てきてひと旗あげてるわけだろ。東京で一旗あげたら次にやるのは故郷に錦を飾ることじゃねえのかよ。お前は故郷に錦を飾りたくないのかっ!」は声を荒げる。すると鈴木も「故郷に錦を飾りたいです!」と絶叫。上着を脱ぎ棄てネクタイを外した鈴木は、大家と「故郷に錦を飾りたいか!」「飾りたいです!」「できるのか!」「できますよ!」「やれんのか!」「やりますよ!」と怒鳴りあい、最後は互いに相手の頬を張りあってから抱擁。宇都宮大会の成功を誓い合った。
020304