DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【ガンバレ☆プロレスファン感謝デー~KANSHAして2017~のまとめ】大家だらけのランブル戦に佐々木大輔参戦でカンパ金を強奪! DDT10・14横浜で大家と対戦へ!/大家、預金はカードで引き出していた…/ガンプロに空前の「チクショー!」ブーム到来!

11日、都内・市ヶ谷南海記念診療所にて「ガンバレ☆プロレスファン感謝デー~KANSHAして2017~」がおこなわれた。試合に先立ち、一部のインディー団体の控室で話題沸騰と言われる漫才コンビ「すやますやま」が登場。「サイバーエージェント」「メガネスーパー」「屋形船」といったワードが散りばめられたネタを披露していったが、途中でライターの須山浩継氏が注意をしに現れトリオ漫才状態に。オチは須山氏がハンチングを床に叩きつけてからの「くるりんぱ」であります。

第1試合はHARUKAZEvs小林香萌のシングルマッチ。小林は壁に打ち付けるとイス攻撃。キャメルクラッチからの鼻フックも。腕十字で反撃したHARUKAZEだったが、小林はすぐに主導権を奪い返すとコウメ太夫ネタ調で「プロレスキャノンボールに出たと思ったら~、1秒しか映ってませんでした~」。9・30大阪大会から対戦相手のコウメネタに苦しめられてきたHARUKAZEは、ついに自身もコウメネタで「コウメさんにLINEをブロックされてました~。チクショー!」と自虐暴露。そこからエルボードロップ、窓枠からのダイビング・クロスボディへ。さらに腕十字を仕掛けるも、これは小林がエスケープ。このチャンスにHARUKAZEは炎のスピアを狙ったが、小林はカウンターで丸め込み、120%スクールボーイで固めて3カウント奪取。試合後、大家が登場し小林に「劇場版プロレスキャノンボール2014」で出番がカットされたことを謝罪。そしてこの日のボーナストラックであるランブル戦出場のオファーも。しかし小林は明日の大館プロレス祭り出場で移動があるため、コウメ風のポーズで会場を後に。

続くセミファイナルには翔太が登場。しかし翔太は「すやますやま」の漫才でノドを負傷したため急きょ欠場。代替選手として革ジャンにサングラス、ピンクのコスチュームの「ショータイム・ハート」が登場。対戦相手のXはチンスケ・ナカムラだったため、市ヶ谷が世界規模な空間に。試合が始まるとユニバースから「ナカムラ」チャント。序盤から本家さながらの攻撃を見せたチンスケだったが、ハートを窓枠に固定してのヒザは自爆。ハートはコブラツイスト、ナックルで攻めつつ「THIS IS WRESTLING」チャントを要求。だがチンスケもバッククラッカーを返すと窓枠へのヒザも成功。そしてトドメのキンシャサを狙ったがキャッチされ、ハートがシャープシューターへ。これを耐え抜いたチンスケはキンシャサをヒット、そこからスリーパーで仕留めにかかったが、ハートが後方に倒れこみながら抑え込んでフォールしてみせた。敗れたチンスケはマットに残り「プロがそんなことしちゃ、イヤァオ!」で終了。

メインイベント、タッグマッチで大家健&今成夢人とガンバレ・ザ・グレート&ガンバレ・ザ・シューターが対戦。この試合はガンバレ・ザ軍の「せっかくだから」との要望によりコスチュームとリングネームを交換しておこなうフルチェンジマッチに。まずはバッコミに乗って藤田ミノルが大家健として、勝村周一朗が今成夢人として入場。対する大家&今成はガンバレ・ザのマスク姿(以後、便宜上本来のリングネームで表記)。大家として常に泣きながら試合を進める藤田は、開始早々に炎のスピアを狙うもかわされてしまう。今成は「マスクマンっぽいことするぞ!」と宣言してカニ歩きからのエルボードロップ、スイングDDTも。藤田からタッチを受けた今成こと勝村は今成らしからぬ実力者ぶりを発揮し、蹴りからアームロック、腕十字、アキレス腱固めと今成を攻め立てる。今成は大家こと藤田とエルボー合戦を展開しつつ「もっとおごれ!」「牛丼はあきた!」とアピール。「俺は安くて不味いものしかおごれないんだ!」と、大家として返す藤田。しかしグレートのマスクをかぶった大家も「死ぬしかない!」連呼で藤田を精神的に追い込んでいく。窓枠で足を支え体重を乗せてのエビ固めも披露。勝村は今成としてルー・テーズ・プレスからナックル連打。そんな勝村に今成は「(今成らしい)変な動き」を要求、しぶしぶ応える勝村。これでダメージを負った今成に、藤田が大家として炎のスピアを決め勝利。泣きながら抱き合った大家こと藤田と今成こと勝村。藤田は「いいか、大家健は毎日、毎週、毎月、いいことを言うとは限りません!」。大家は「死ぬしかない!」連呼。「また養育費稼ぎに来てやるからな!」と今成。だが最後は藤田&勝村の「ウィー・アー・ガンバレ☆プロレス!」で中締め。「集会やるぞ!」と会場の外へ出ていくも、「やりません」と木曽レフェリー。

ここでガンプロでリングアナも務めているDAVE“ダンディ”アイバ’17さんがミニライブ。まずはなぜ「ダンディ」かを説明。アイドルグループJuice=Juiceの植村あかりさんに、握手会で「ダンディですね」と言われたことがきっかけとのこと。他にもモーニング娘。’17の飯窪春菜さん、小田さくらさんには「かっこいい」と言われた、つばきファクトリーの岸本ゆめのさんには「渋いですね」と言われた等、握手会でのエピソードをひとしきり熱弁すると、ロバート・ジョンソンの名曲「カモン・イン・マイ・キッチン」などを披露。木曽レフェリーからの要望もあってダブル・アンコールまで。

さらにボーナストラックとして、有志によるガンバレ☆ランブルを実施。これは出場選手が当日のギャラから一部をカンパし、そのカンパを優勝者が賞金として獲得できるというもの。試合は時間差入場バトルロイヤル形式でおこなわれ、オーバー・ザ・トップロープのかわりに「オーバー・ザ・ウィンドウ」(窓枠から外に出されたら失格)ルールを採用。まずは大家が入場、続いてもバッコミが流れてガンバレ・ザ・グレート入場。両者の対戦で試合がスタートする。グレートは頭突きを決めるなど、ここでも大家っぽい試合ぶり。第3入場者は今成だがやはり曲はバッコミ。コスチュームもタンクトップにジーンズだったが、今成は「ファイヤー!」を連呼。この試合では全員がバッコミ&大家コスで入場。続く翔太も同様。しかし水の入ったペットボトル持参で水をまき散らす(ジェスチャーだけ)。観客は「オイ! オイ! オイ!」連呼。そんな中、勝村はひとり今成コス。今成との総合格闘技師弟コンビでグレートにアキレス腱固めを仕掛けると、登場したHARUAKZEが腕十字。「(腕が)折れた!」とグレート。そして入ってきた珍輔が大家コスながらキンシャサで次々と敵を蹴散らすも、「イヤァオ!」直後にHARUKAZEの炎のスピアを食らいフォール負け。そのHARUKAZEを大阪大会同様に攻めていった今成だが、HARUKAZEはここでも窓枠に乗りコウメ太夫ネタ。あまりの痛々しさに、観客からは「もうわかったからやめてくれ!」の声も。そして耐えきれない空気になったところで今成と翔太がHARUKAZEを場外に落とし、失格させる。今成は渾身の「チクショー!」。今度は選手がかわるがわるカミカゼを狙うがどれも不発に。ここで勝村をカミカゼの体勢で担いだグレートが場外に落とす。失格となった勝村も導かれるままに「チクショー!」。ここで炎のスピアをグレートが狙うが、大家が足を掴んで阻止。そこから翔太が今成のアシストも得て首固めで丸め込み、グレート失格。残ったのは大家、今成、翔太。大家と今成が手を結ぶかに思われたが、今成は「我々は『すやますやま』だ」と漫才コンビ愛を選択。今成の攻撃から翔太が炎のスピアへ。しかしカウンターで大家が炎のスピアを決め、スリーカウント入って翔太が失格。大家と今成の2人が残ったが、ここで最終入場者として出てきたのが佐々木大輔だった。

イスで一撃を加えた佐々木に対し、大家と今成はエルボーと頭突きの連携攻撃を見せる。しかし今成が佐々木を捕まえての炎のスピアは誤爆に終わり、今成が場外に出されると佐々木vs大家の決戦に。カミカゼを決めた大家だったが、追撃の炎のスピアはカニばさみで阻止され、そこからクロス・フェースロックを決められるとギブアップ。佐々木がランブル戦を制し、貯金通帳に続いてカンパも奪ってしまった。

試合後、立ち上がれない大家に佐々木が「俺のことハメやがったな!」。大家の貯金通帳を手にした佐々木だったが「札幌から帰ってきて、二日酔いで銀行行ったら残高ゼロってどういうことだよ!」。「バカ野郎!キャッシュカードがあれば金はおろせるんだよ!」と大家。実は暗証番号を知っているという佐々木。大家に「すべての暗証番号がそれなんだ」と口外を止められたが「○○の話は黙っといてやる」とわかりやすすぎるヒントをバラしてしまう。「オレの金返せ!」と迫る佐々木は、大家に引き出した71万円をかけての対戦を要求。「次のDDTいつだ」と、10月14日の横浜大会で「オレの金持って来い、試合してやる」。佐々木が引き上げると「どういうことですか!」と迫る今成に「オレのお金だからオレが引き出したんだよ」と大家。結果、ランブル戦のカンパをした選手や観客は騙された形に。「敵を騙すにはまず味方から」と大家。「おまえだって永島さんに明智光秀になれって言われただろ」とも。「明智光秀になりたいボーイは大家さんだったんですか!てっきり大家さんはTポイントだけで生活してると思ってましたよ!毎回ファミリーマートでTポイントカードだしてたから」という今成だったが、大家によればTポイントは500円分くらいたまったらお寿司をかうのがたまのご褒美らしい。ファンに対しては「ファン感謝祭と言いながらみなさんを騙す形になってしまって!」と謝罪した大家。ランブル戦に出場した「騙されたみんな」(今成)も加わりカンパを返すよう要求。そこで大家は「わかったよ!10月14日、オレの金を守ったら3倍にして返してやるわ!」と宣言。100円しかカンパしなかったことを悔しがる珍輔。「その前に勝てんの?」という勝村だったが、足を露出しすぎた今成コスチュームで「変態」コールを浴びせられる。最後は大家が「全財産守りきったら3倍返しだ!」とあらためて宣言。そして「やられたらやり返す!」「3倍返しだ!」のコール&レスポンスで締め。

集会では大家が「プロレスラーってバカなんですよ。通帳があればお金おろせると思ってる。その盲点に気付きました。キャッシュカードがあるなと」。敗戦直後はショックで気づかなかったという。「だからお金じたいはあるんですよ今。家でタンス貯金してます」。「大家さんはTポイントで生活してると思ってた。少ない額でもチリが積もれば何百万になる可能性がある」という今成に、大家は「Tポイントは1%だから100万円ためるのに1億かかるんだよ!」と冷静な返し。それでも今成は「その1%にいつか泣かされる時がきますよ!」と忠告。さらに「わかりやすいパスワード(暗証番号)はいまどきはじかれますよ!パスワードは8ケタにすべき」。実は8ケタのパスワードもある大家だったが、これもわかりやすぎるため掲載不可。大家は「俺は一生、●●の暗証番号変えねえ!」。佐々木戦での必勝を誓い、「ガンプロ幕府を築く!」という意味で締めのコール&レスポンス。しかしこの言葉も「内密にお願いします」(大家)。

公式スマホサイト(http://ddtpro.jp)では、全試合の詳報と、大量の写真をアップ! 
DDTUNIVERSE(http://ddtuniverse.com/)では、試合映像を順次公開中! ぜひご覧ください。