DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

選手紹介

男色ディーノ

男色ディーノ
DANSHOKU DIENO
所属 DDT
身長 179cm
体重 105kg
誕生日 1977年5月18日
得意技 男色ドライバー
リバースえび反りジャンプ
男色48手+裏筋48手
入場曲 スリル
ブログ ゲイは地球を救う
Twitter @dandieno

広島県尾道市出身。血液型はB型。2002年4月2日、CMA、東京・金町地区センター大会における対高田慎一、SHURA、虎龍鬼、ジャンクハンター吉田、安倍健治(6WAYマッチ)でデビュー。主なタイトル歴はKO-D無差別級、KO-Dタッグ、アイアンマンヘビーメタル級、GAY世界アナル級、IMGP世界ヘビー級、DDT EXTREME級、大森夢フェア認定世界大森級、梅村パソコン塾認定世界コピー&ペースト級、大中華統一四川流無差別級、DJニラ認定世界及び史上最高級、DJニラ認定世界及び史上最強級、世界JET級、ミッドブレス認定世界ミッドブレス級、UWA世界6人タッグ。日本が誇るゲイプロレスの第一人者。入場時に男性客には無差別セクシャルハラスメント、邪魔な女性客にはグーパンチを食らわせ、リング上ではイケメンレスラーの唇を奪って至福を満たしている。2014年8月17日、東京・両国国技館ではマッスル坂井とのDDT EXTREME級選手権試合に臨み、親友・山里亮太さんの肛門は爆破されてしまったものの、王座防衛。しかし、9・28後楽園では彰人に敗れて陥落すると総選挙も5位に転落。その後、持病の腰痛悪化で欠場。2015年2月15日のさいたまスーパーアリーナ大会での中澤マイケル戦で復帰したものの、まだ完治には至っていなかったことが判明。3月29日、東京・後楽園ホールではスーパー・ササダンゴ・マシンとのコンビで関本大介&岡林裕二の持つKO-Dタッグ王座に挑戦したものの、スキンヘッドにしてまで臨んだ“子泣きじじい”作戦は失敗。タイトルを取り戻すこともできなかった。坊主になったことをいいことに繰り広げた“男色人生”シリーズも、5月17日の名古屋国際会議場大会で対戦した新崎人生の意を決したキスによって終止符が打たれた。それ以降は通常運行。スーパー・ササダンゴマシン、大家健とユニット「#大家帝国」を結成。8月23日の両国国技館大会で取り逃したKO-D6人タッグ王座を付け狙っていく模様。4Gamer.netにてコラム「男色ディーノのゲイムヒヒョーゼロ」を連載中。