DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

選手紹介

木高イサミ

木高イサミ
ISAMI KODAKA
所属 BASARA
身長 172cm
体重 75kg
誕生日 1981年9月27日
得意技 勇脚
勇脚・斬
絶槍
壱弐四四
ダイビング・ニードロップ
螺旋丸
入場曲 不死身のエレキマン
Twitter @isami_777

神奈川県横浜市出身。血液型はA型。2002年7月18日、KAIENTAI DOJO、千葉・Blue Fieldにおける松本大介戦でデビュー。主なタイトル歴はDDT EXTREME級、KO-Dタッグ、BJW認定デスマッチヘビー級、BJW認定タッグ、STYLE-E無差別級、千葉6人タッグ、インディペンデントワールド世界ジュニアヘビー。総合格闘技スタイルで秒殺連勝を挙げて注目を浴びた。KAIENTAI DOJO退団後は様々な団体をフリーとして渡り歩き、大日本プロレスではデスマッチファイターとしてのポジションを築く。2007年6月には頚椎椎間板ヘルニアで長期欠場に入ったが、リハビリを経て2008年5月に復帰すると666の宮本裕向との“ヤンキー二丁拳銃”でも活躍。サムライTV「インディーのお仕事」制定の日本インディー大賞2013ではMVP、ベストユニット賞、ベストバウトを獲得。2014年、「KING OF DDT 2014」にユニオン枠からエントリーし、坂口征夫、竹下幸之介、飯伏幸太、KUDOを破ってトーナメント制覇し、8月17日の東京・両国両国国技館で初のKO-D無差別級王座獲得へHARASHIMA、ケニー・オメガと激闘を繰り広げるも惜敗。この年のドラマティック総選挙では2位入賞。これを受けて、10・26後楽園でHARASHIMAに再挑戦したが、撃破ならず。副賞30万円を使って11・17新宿で主催興行を開催した。2015年2月22日、東京・王子Basement MON☆STARで開催されたGet the glory 2015!トーナメントに出場するも決勝でユニオンMAX王者のFUMAに敗退。そのFUMAがMEN’Sテイオー、宮本和志、SAGATと結託したことで、ベルトを任せていられないと3月1日、大阪市港区民センターで同王座に挑戦したが敗れた。4月12日、KAIENTAI DOJO、東京・後楽園ホールにてHi69を破ってインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級王座を獲得して防衛を重ねている。10月4日、後楽園ホールでの解散を前に8月30日の新宿FACEでFUMAからユニオンMAX王座を奪還。10月4日、後楽園ホールで石川修司を相手に防衛に成功。「DDTドラマティック総選挙2015」で悲願の1位を達成し、11月28日のDDT初の大阪ビッグマッチ、府立第一のメインでKO-D無差別級王座に挑戦し、坂口征夫を撃破。悲願のタイトル奪取。ユニオン解散後はプロレスリングBASARAを設立。2016年1月21日の旗揚げ戦で大成功を収めた。KO-D無差別級王座を懸けて遠藤哲哉、竹下幸之介、マサ高梨と新世代からベテランまで対戦して次々撃破し、2016年3月21日の両国国技館大会のメインへたどり着いたが、HARASHIMAの壁を打ち崩すことはできず、王座を手放した。BASARA初のシングルリーグ戦「頂天~itadaki~」では優勝決定戦で福田洋(現・トランザム★ヒロシ)に敗れた。BASARA初のタッグトーナメント「IRON FIST TAG TOURNAMENT」は塚本拓海との“アルディーニ兄弟”で優勝。12月25日、初の後楽園ホール大会ではユニオンMAX王座を復活させて、トランザムとの王者決定戦に臨む。東京・新宿歌舞伎町のプロレス&スポーツBar「ドロップキック」の店長も務める。