DDT Official Web Site

DDTプロレスリングSuperStars

リポート&コラム

【1・14リポート②】イサミがEXTREME級王座奪還

第5試合は妻木洋夫vs大家拳號のシングルマッチ。妻木がミドルキックで押し込むと、エプロンに出た拳號にスライディングキック。場外に出た拳號に妻木がダブルスレッジハンマーを打ち込む。リングに戻してさらにミドルキックを放つ妻木。拳號は「来い!」と受け止め、蹴り脚をキャッチしてローキックを放つ。ハーフダウンする妻木の右腕にローキックを放つとスナップメイヤーからローキック。拳號はレッグロックからアキレス腱固めへ。拳號はさらにヒザ十字に移行するが、妻木はなんとかエスケープする。苦しい妻木は拳號にミドルキックをキャッチされたが、延髄斬りを放ってピンチを脱出。ミドルキックを打ち込んでフロントネックチャンスリー。そこからフロントネックで絞っていく。拳號はボディースラムで脱出。諦めずフロントネックで捕獲する妻木だが、これはトップロープ越しに振り払われてしまう。場外に出た妻木に拳號はミドルキック連打。妻木もフロントネックロックでやり返し、エプロンからランニング・ローキックをリング下の拳號に放った。リング内に戻ると妻木は再びランニング・ローキック。拳號は妻木のダイビング・ヘッドバットをかわすと、バックドロップへ。妻木は突っ込んでくる拳號にカウンターの左ハイキックを打ち込んでダブルダウン。直後、バチバチとやりあうと妻木のソバットがヒット。そこから妻木がバズソーキックを狙うも、拳號がかわしてジャーマンへ。真剣を振り抜くと、さらにハーフダウンの妻木にもう一発真剣をブチ込んで勝利した。試合後、握手を求められた妻木は応じることなく「もう一回」とアピールし、引き揚げた。

セミファイナルは石川修司&大家健vs入江茂弘&高尾蒼馬のタッグマッチ。ドリフは一昨日手にしたKO-D6人タッグのベルトを手に登場。ユニオン軍が奇襲し、試合スタート。激しい場外戦から捕獲された大家だが、高尾の足の甲を踏みつけ、ブレーンバスターで投げてピンチを抜け出すと、石川が出てきて入江をボディースラムで蹴散らして高尾にチョップ。エプロンに上がった入江に高尾をぶつけてからブレーンバスターで投げていく。高尾もコードブレイカーでピンチを抜け出し、入江が串刺しラリアットからランニング・エルボーを発射。入江が石川にフライング・ソーセージを投下しようとコーナーに登るが、石川が頭突きで阻止し、雪崩式ブレーンバスターで落とす。石川と入江はエルボー合戦。石川のニーリフトに入江はバックドロップで応戦する。試合は大家vs高尾へ。高尾がトラースキックを打ち込み、入江がフライング・ソーセージでアシスト。高尾がカバーするも石川がカットする。高尾のボマイェ狙いを大家がスピアで阻止すると、石川のチョークスラム+大家のジャーマンの合体攻撃。これは入江がカットする。大家が高尾に炎のスピアを放つが、かわされてコーナーに接触。入江が石川を排除し、高尾が大家にシュバイン。カウント2で返されるとボマイェへとブチ込んで3カウント。

メインイベントはDDT EXTREME級選手権試合。第20代王者・石井慧介は挑戦者に木高イサミを迎え、2度目の防衛戦に臨む。石井がイサミをロープに押し込むとクリーンブレイクせずに張り手。石井はショルダーアタックでイサミを倒す。イサミもカウンターのドロップキックでやり返すが、石井はイサミをファイアーマンキャリーで抱えてリング下に投げ捨てる。場外でイサミを痛めつけ、リングに戻すと首攻め。フロントスリーパーでグイグイ絞り、さらに延髄へのニードロップ、そしてチンロックと攻めたてる。石井は場外DDTでさらにイサミの首へのダメージを蓄積させる。石井はイサミをリングに上げてカバーしたがカウント2。イサミは石井のスリーパーをエルボーで逃れるも、ダイビング・ネックブリーカードロップを食らってしまうと、STFで捕まってしまった。イサミはなんとかロープエスケープ。イサミは石井に抱えられるもボディースラムで切り返し、バズソーキックからコーナーダイブ。石井がこれをかわしてイサミを投げ捨て、ランニング・ミドルキック。イサミもすぐさまエルボーで向かっていく。エルボー合戦からイサミが石井を場外に出してトペ・スイシーダ狙い。石井がこれをリング下からのドロップキックで迎撃すると、エルボーで襲い掛かる。場外戦から花道に移動すると石井がイサミをジャーマンで投げようとする。イサミがこれを踏ん張って逆に石井を花道ジャーマンで叩きつけると、北側ステージの入場ゲートのテッペンによじ登り、ダイビング・ダブルニードロップを投下した。リングに戻ると石井がジャーマンで逆転。しかし、続くニールキックはかわされてしまう。すかさずイサミがボディースラムからダイビング・ダブルニードロップを投下。石井はこれをカウント2で返すと、ヘッドシザースで捕獲。ロープに逃れたイサミがソバット。石井が張り手でやり返すと、イサミも張り手でラリー。イサミが制してダウンする石井の側頭部にローキックを放つ。石井も立ち上がってニールキックでやり返す。ダブルダウンから先に起き上がった石井の串刺し攻撃を、イサミが回避してトラースキック。続けて垂直落下式ブレーンバスターを放つ。石井も延髄斬りでやり返し、高角度ダブルアームDDTを狙うが、イサミが振り切って勇脚。後頭部への勇脚から勇脚・斬を放って3カウント。場内は大歓声に包まれた。

試合後、大家がリングに上がると、マイクを取る。

大家 おい、石井! オマエ今日、なんで簡単に負けたかわかるか!? オマエには背負っているものがなさすぎるんだよ(場内「エ~ッ!?」の声)。その点、俺は違う!(さらに大きな「エ~ッ!?」の声) 俺は何時もユニオンを背負って試合をしているから、簡単には負けねえよ! 石井、なんとか言ってみろ!(石井はコーナーにもたれかかったまま)……試合に簡単に負けて、試合後も気の利いたマイクも言えない。オマエのようなヤツが3流レスラーって言うんだよ!

イサミが大家にトラースキックをブチ込んで黙らせる。場内は大歓声に「イサミ」コール。イサミは大家に「あぁ、ごめんなさい、三流レスラーさん」と謝罪し、石井に話しかける。

イサミ みんながオマエのことをどう思おうが知ったこっちゃねえよ。俺にはまだまだやり足りないこと、やってねえことが山ほどあるんだよ。石井、オマエらにも聞いとけチームドリフ。オマエらのことを簡単にドリフなんて言わねえからな。ドリーム・フューチャーズだろ!? 夢見せてみろ、コラ! EXTREMEはチャンピオンの色がもっとも出るベルトなんだよ。オマエにはまだ早かったか!? まだわかんねえか!? わかんねえなら何回でも上がってこいよ。何回でも叩き潰してやるよ! 

チームドリフはノーコメントのまま引き揚げる。場内からは「石井、よくやったぞ」「石井、それでもカッコよかったぞ!」「石井!」との声援が送られた。ドリフがいなくなった後、大家が再びマイクを握る。

大家 おい、石井待て! 俺がシングルマッチやってやるよ! やってやろうじゃねえか! 代表! 代表! 石井とシングルマッチ組んでくださいよ! 組めよ、おい! わかった! ただシングルマッチするならおもしろくねぇよ! 俺が心意気の違いを見せてやるよ! ユニオンの退団を懸けて石井とシングルマッチやってやる! 組めよ! 組んでくれよ!
スーザン 退団とか懸けなくていいんで…。
大家 なんだよ! 懸けろよ!
スーザン まあまあ、じゃあ保留にしておこう。でもそんなに石井とそんなにシングルマッチしたいの?
大家 やりてえよ! アイツとの心意気の違いを見せてやるよ!
スーザン じゃあ、あえて組みましょう。次回大会で大家と石井のシングルマッチ決定します。
イサミ あの、決まっていうのもなんなんですけど、退団しちゃうからやめたほうがいいと思います。あんまり言いたくないですけど、今日やってみてわかったんですけど、大家さん絶対退団します。今現在の石井とやった俺が言うんだから間違いない。絶対退団します。代表、来月ですか?
スーザン 退団とかは保留ってことで……。イサミ、おめでとう! 締めよう。
イサミ 来月ってことは(大家が)この締めに参加するのは最後ですね。選手のみんな上がってください。締めましょう。行くぞー! 3、2、1、行くぞ、ユニオン!!

【試合後のコメント】
石井 ……カッコ悪いと思ってんだろ。ユニオンの連中も、俺にブーイングしていたヤツらも、カッコ悪いと思ってんだろ。俺もそう思うよ。あんだけ大口叩いて、KO‐Dの前に立てなくて、俺自身もカッコ悪いと思っているよ。でも、俺は序列を変えると言って行動したからには、どれだけ時間がかかっても、それを実行してみせる。それを実現させてみせる。また、KO-Dの前に立ってやるよ。

イサミ 戦前、石井とやる前に、あんなヤツに任せてられるかって、紫色のEXTREMEが泣いているよって思いながら試合したけど、石井は強いですよ。石井は強い。それが今日の一番の感想です。うれしいというのも、気持ちいいというのも、もちろんあります。お客さんにも、仲間にも、みんなにありがとうという気持ちがあるけど、石井が強かったことが何よりうれしかったです。でもね、“ドリーム・フューチャーズ”だったら、しっかり夢を見せてみろって。アイツはまだまだ上に行くでしょう。上にガンガン噛みついていくでしょう。何回でも叩き潰してやるから、何回でも来いって。迷ったら、間違ったことをしたら、俺がぶん殴ってやるから、いつでも俺の前に顔を出しやがれ。何回でも石井と勝負してやるよ。そして、これ(EXTREME級ベルト)を持って、ケニー・オメガの持つKO-Dに挑戦します。EXTREMEという一つの頂点対KO-Dという一つの頂点の闘いです。俺は路上王のケニーに負けないし、波動拳のケニーにも負けないし、全力で楽しみです。そして今日起こった倍、3倍、5倍、7倍、もっとすごい爆発を、俺が後楽園ホールで起こしてみせます。